他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 技術情報 > 用語集 > 用語集
用語集
知りたい用語の頭文字をクリックしてください。
 
光電 変位 画像 LED 温度計 その他
A F K P U Z
    B G L Q V  
C H M R W  
    D I N S X  
E J O T Y  
画像
IP
(International Protection、保護構造)

(アイピー)

IEC(International Electrotechnical Commission:国際電気標準会議)・JIS(日本工業規格)で定められた防塵・防水構造。これによってセンサの耐環境性の目安を知ることができます。IP67というように数字部分の十の位が粉塵に対する保護、一の位が水の浸入に対する保護となり、数字が大きいほど高い保護を意味します。
暗視野照明 照射した光が反射もしくは透過して散乱した光を観察するタイプの照明
色温度 白色光の色あいを表すのに使用される値(単位:K(ケルビン))です。色温度が高いと赤や黄色がかった白、色温度が低いと青っぽい白です。色温度は、表現しようとする光の色をある温度(高熱)の黒体から放射される光の色と対応させ、その時の黒体の温度をもって色温度とするものです。
色収差 レンズにはガラスやプラスチックなどを用いますが、これらの屈折率は波長によって異なります。このため同じレンズを用いても波長によって焦点距離が異なるために、像の大きさと位置に差が生じます。これをレンズの色収差といいます。
NPN出力

(エヌピ−エヌシュツリョク)

出力トランジスタ動作時、電流をセンサ側に吸い込む出力形態。カレント・シンク型とも呼ばれる。日本においては電流出力のオープンコレクタが一般的です。
FOV
(撮影視野・測定エリア)

(エフオーブイ)

Field of Viewの略語で、画像センサや非接触温度計の撮影視野や測定エリアのことを指します。
LWD

(エルダブリューディー)

Light Work Distanceの略です。照明の物体側先端より被写体までの距離のことです。
応差距離 反射型センサを標準検出物体に正面から近づけONする位置と、そこから離していきOFFする位置との距離の差。
応答周波数(開閉頻度) 1秒あたりのスイッチング動作の最大数でセンサが1秒間に検出物体を何個検出できるか(何回ON/OFFできるか)の回数。通常、単位はHzで表記されます。
OFFディレイタイマ

(オフディレイタイマ)

出力がOFFする時間を遅らせるタイマ機能。主に取り込みの遅い機器へ入力する際に使用します。
外部調光制御 PLC、パソコン等を用いて外部から照明用電源に信号を送り、照明の調光を制御することです。
外部点灯制御(ON/OFF制御) PLC、パソコン等を用いて外部から照明用電源に信号を送り、照明の点灯(ON/OFF)を制御することです。
開閉頻度(応答周波数) 1秒あたりのスイッチング動作の最大数でセンサが1秒間に検出物体を何個検出できるか(何回ON/OFFできるか)の回数。通常、単位はHzで表記されます。
外乱光 センサや検出物体の周りの光のことで、センサの動作に影響を与える外部からの光。光電センサの光は変調光のため外乱光の影響は受けにくいのですが、高周波蛍光灯や太陽光が直接受光器の正面から入ってくると誤動作する恐れがあります。このような場合は、取付角度の変更、遮光板の設置などで外乱光の影響を防止する必要があります。 また画像センサの撮像では、使用する照明以外の光のことで撮像結果に影響を及ぼす光のことを指します。
拡散光 正反射でなく、いろいろな方向へ拡散して反射する光を拡散光と呼びます。
拡散板 照明に装着することで、照明の照射方向をあらゆる方向に拡散するための部品です。LEDの写り込み防止や、広範囲の照射のために使用します。
画像センサ CCD素子(Charge Coupled Device)やCMOS素子(Complementary Metal Oxide Semiconductor)などのイメージセンサを用いたカメラで、撮影した物体の画像をデジタル信号に変換、演算することにより、物体の面積、長さや幅、色、位置、形状などの特徴を抽出し、設定された条件を元にOK/NG判定をしたり、データを出力するものです。
輝度 光源や二次光源(反射面や透過面)から観測者の方向へ向かって発する「光の強さ」を人間の目の感度(CIE標準分光視感度V[λ])で評価した測光量で、特定方向(観測方向)のみに着目しています。輝度の単位は、cd/m² [カンデラ 毎平方メートル]が使用されます。測定距離とは無関係です。
逆接続保護 電源線の極性が誤って結線されても、内部保護回路によって破壊を防ぐとともに、誤った信号を発生する誤動作が起きない機能。
最小検出物体 微小物体検出ができるよう、センサを検出に最適な状態に調整したときの検出可能な検出物体のサイズです。
最小曲げ半径 ケーブル等をどこまで小さく曲げていいかを表現する指標です。 曲げのカーブに相当する円の半径が数値となります。
残留電圧 制御出力がON状態のときにCOMとの間に発生する電圧。流れる負荷電流により電圧値は異なります。
C-MOS素子

(シーモスソシ)

Complementary Metal Oxide Semiconductorの頭字語で相補性金属酸化膜半導体の意。1次元もしくは2次元に並列された非常に高分解能な画素により構成される受光素子であり、各画素ごとに受光量を検出できるので、CCD素子と同じくレーザ変位センサや三角測距式の距離センサおよび画像センサの受光素子として使用されます。CCD素子に比べ感度は低いが、素子が小さく消費電流も少ないのが特長です。
色度図 色を色相と彩度だけで表したxとyの二次元座標です。 明るさの違いは表現されず、色相と彩度が同じであれば同じ色度座標(x,y)で表されます。色度図では白色光を三原色の混合で表し、その比率を1:1:1としています。xとyがそれぞれ0.33で白色となります。
指向特性(指向角) 光源の軸上光度を100%としたときに、光源に対してθ傾いた方向から見える光度の割合を示したものです。ちょうど50%となる角度を半値角θ1/2と呼び、両側で2θ1/2と表示します。光の広がり具合の目安としています。
受光素子 投光器や反射ミラー、検出物体等からの光を受け、電気信号に変換する電子部品。主にフォトダイオードやフォトトランジスタ等が使用されるが、BGSセンサや変位センサ、画像センサではCCDやC-MOS素子といった数百~数十万個の素子(画素)を配したイメージセンサが使用されます。
照度 受光面の単位面積当たりに入射する光を人間の目の感度(CIE標準分光視感度V[λ])で評価した測光量で、半空間の全ての方向から受光面に入射する光を含んだものです。照度の単位は、lx[ルクス]が使用されます。測定距離により値が異なります。
スペクトル 電波・赤外線・可視光線・紫外線・X線・ガンマ線など電磁波の波長ごとの強度の分布を(分光)スペクトルと呼びます。LED照明では赤外光、可視光、紫外光の波長分布を示します。
正透過光 光源から照明された光がそのまま透過するものを正透過光と言います。正透過光は、透明なガラスのようなものを透過する光のことです。
正反射光 光源から照明された角度と逆方向の同じ角度にはね返った光を正反射光と言います。正反射光は、鏡のように反射する光のことです。
ティーチ入力 センサ本体を操作せずに外部からの入力信号でしきい値や感度等を調整する機能。
定電流制御 OPPCWシリーズの調光制御の方式です。スポット照明の点灯制御に使われています。電流を設定して調光を行ない、照明によって電圧が可変となります。常時点灯のため、高速シャッターのカメラを使用する場合でも周波数干渉が発生しません。
電圧調光制御 電圧を設定して調光を行なう制御方式です。電流値を変えて調光するため、波長や色の変動がわずかに発生します。常時点灯のため高速シャッターのカメラを使用する場合でも周波数干渉が発生しません。
同期入力 入力信号を印加することで、センサを必要なタイミングで動作させる機能。
ノーマリィオープン(NO) 光電センサでは、入光時に通電し非入光で非通電となる内蔵リレーの動作。近接センサでは非減衰状態では(高抵抗となり)通電せず、減衰状態で(低抵抗となり)スイッチングすること。メイク機能とも呼ばれます。
ノーマリィクローズ(NC) 光電センサでは、非入光時に通電し入光で通電となる内蔵リレーの動作。近接センサでは、非減衰状態で(低抵抗となり)スイッチングしており、減衰状態で(高抵抗となり)通電しなくなること。ブレイク機能とも呼ばれます。
ハレーション 受光素子に対する光量が多く、飽和した状態のことを指します。画像で見ると、白く飛んだ画像になります。
バンク あらかじめ複数の設定をセンサやコントローラに登録しておき、外部信号によりその設定を切り換える機能を「バンク(BANK)」と呼びます。バンクの切換は、ON/OFFの入力信号の組み合わせによるものや、通信によるコマンドでの切換などがあります。
PNP出力

(ピーエヌピーシュツリョク)

出力トランジスタ動作時、電流を制御機器側に吐き出す出力形態。カレント・ソース型とも呼ばれています。主にヨーロッパで一般的な出力形態です。
PWM

(ピーダブリューエム)

PWM制御は、パルス変調制御のことで、発光パルスのON/OFFの比率を変えることで調光する方法です。他調光方式と比較して、リニアに調光することが可能です。ただし、シャッタースピードが高速になると撮像毎に明るさにバラツキが出ることがあります。シャッターとPWMの同期を行うことでバラツキを回避できます。
PWMアナログ調光

(ピーダブリューエムアナログチョウコウ)

OPPWシリーズの調光制御の方式です。パルス点灯のデューティー(1パルス内の点灯時間の比率)を変えることで調光を行います。調光値はアナログボリュームでの設定となります。
PWMデジタル調光

(ピーダブリューエムデジタルチョウコウ)

OPPCW/OPPF/OPPDシリーズの調光制御の方式です。パルス点灯のデューティー(1パルス内の点灯時間の比率)を変えることで調光を行います。調光値をデジタル設定でき、機種によって256階調もしくは1,000階調のリニアな調光が可能です。
被写界深度 物体面が前後してもピントがボケずに鮮明であると受け入れられる範囲をいいます。同様に像面側(カメラ素子側)の範囲を焦点深度といいます。具体的な被写界深度の値は、像がどこまでボケを許容するかにより異なります。許容ボケ量は許容錯乱円といい使用カメラにより異なります。
標準比視感度 人間の目が最も強く感じる波長555nm(ナノメートル)の光を1として、他の波長の明るさを感じる度合いの比を表現したもの。カメラの受光素子(CCD・CMOS)の分光感度特性は標準比視感度と同じとは限りません。光源選定の際、カメラの分光感度特性を十分考慮する必要があります。また、照度/輝度の値もこの標準比視感度の係数がかかっており、青色や赤色の照度/輝度は緑色に対して小さくなります。
平行光 平行光とは、光線が広がらずに平行に進む光を指します。宇宙から地球に照射される太陽光も平行光と言えます。照明では被写体に対して照射角のバラツキの比較的小さい光を指します。
偏光 偏光(polarization)とは電場および磁場が特定の方向にしか振動していない光のことです。
偏光フィルター(偏光板) 回帰反射型センサに組み込んだり、カメラのレンズに装着して、光の表面反射を除去して誤動作を防いだり均一に撮像するために使われるフィルターです。(用途は同じですが、LED照明に使われる場合は偏光板と呼ばれます)
保護構造
(IP: International Protection)
IEC(International Electrotechnical Commission:国際電気標準会議)・JIS(日本工業規格)で定められた防塵・防水構造。これによってセンサの耐環境性の目安を知ることができます。IP67というように数字部分の十の位が粉塵に対する保護、一の位が水の浸入に対する保護となり、数字が大きいほど高い保護を意味します。
明視野照明 照射した光が反射もしくは透過した直接光を観察するタイプの照明です。
レンズ(画像センサ用) セキュリティ用やFA用のカメラに装着して、ピントや明るさを調整するレンズ。レンズの焦点距離によって撮影視野(FOV)と撮影距離(WD)が異なります。また近距離での撮影ではピントが合わないので、接写リングを併用する必要があります。
WD

(ワーキングディスタンス)

Working Distanceの略です。レンズの物体側先端より被写体までの距離のことです。
ワーク 検出や測定する対象の物体のことを総称してワークと呼びます。
One-Shotタイマ

(ワンショットタイマ)

検出している時間が短くても長くても、出力を一定時間ONにするタイマ機能。
C
C-MOS素子

(シーモスソシ)

Complementary Metal Oxide Semiconductorの頭字語で相補性金属酸化膜半導体の意。1次元もしくは2次元に並列された非常に高分解能な画素により構成される受光素子であり、各画素ごとに受光量を検出できるので、CCD素子と同じくレーザ変位センサや三角測距式の距離センサおよび画像センサの受光素子として使用されます。CCD素子に比べ感度は低いが、素子が小さく消費電流も少ないのが特長です。
I
IP
(International Protection、保護構造)

(アイピー)

IEC(International Electrotechnical Commission:国際電気標準会議)・JIS(日本工業規格)で定められた防塵・防水構造。これによってセンサの耐環境性の目安を知ることができます。IP67というように数字部分の十の位が粉塵に対する保護、一の位が水の浸入に対する保護となり、数字が大きいほど高い保護を意味します。
F
FOV
(撮影視野・測定エリア)

(エフオーブイ)

Field of Viewの略語で、画像センサや非接触温度計の撮影視野や測定エリアのことを指します。
L
LWD

(エルダブリューディー)

Light Work Distanceの略です。ワークから照明までの距離です。
N
NPN出力

(エヌピ−エヌシュツリョク)

出力トランジスタ動作時、電流をセンサ側に吸い込む出力形態。カレント・シンク型とも呼ばれる。日本においては電流出力のオープンコレクタが一般的です。
O
OFFディレイタイマ

(オフディレイタイマ)

出力がOFFする時間を遅らせるタイマ機能。主に取り込みの遅い機器へ入力する際に使用します。
One-Shotタイマ

(ワンショットタイマ)

検出している時間が短くても長くても、出力を一定時間ONにするタイマ機能。
P
PNP出力

(ピーエヌピーシュツリョク)

出力トランジスタ動作時、電流を制御機器側に吐き出す出力形態。カレント・ソース型とも呼ばれています。主にヨーロッパで一般的な出力形態です。
PWM

(ピーダブリューエム)

PWM制御は、パルス変調制御のことで、発光パルスのON/OFFの比率を変えることで調光する方法です。他調光方式と比較して、リニアに調光することが可能です。ただし、シャッタースピードが高速になると撮像毎に明るさにバラツキが出ることがあります。シャッターとPWMの同期を行うことでバラツキを回避できます。
PWMアナログ調光

(ピーダブリューエムアナログチョウコウ)

OPPWシリーズの調光制御の方式です。パルス点灯のデューティー(1パルス内の点灯時間の比率)を変えることで調光を行います。調光値はアナログボリュームでの設定となります。
PWMデジタル調光

(ピーダブリューエムデジタルチョウコウ)

OPPCW、OPPAシリーズの調光制御の方式です。パルス点灯のデューティー(1パルス内の点灯時間の比率)を変えることで調光を行います。調光値をデジタル設定でき、8ビットの制御では256段階のリニアな調光が可能となります。
W
WD

(ワーキングディスタンス)

Working Distanceの略です。レンズの物体側先端より被写体までの距離のことです。