他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 製品情報 > 画像センサ > MVS-OCR2シリーズ > 誤認識を防ぐ様々な機能

メガピクセル文字認識画像センサ
MVS-OCR2シリーズ

高解像度でかんたん操作を実現した
メガピクセル印字検査カメラ

  • 従来比8倍の解像度
  • 安定検出を実現し、誤認識を防ぐ様々な機能
  • かんたん導入・らくらく運用
MVS-OCR2シリーズ

安定検出を実現し、誤認識を防ぐ様々な機能

連箱警報 new
ワークが隙間なく連続して搬送されると同期センサが1回しかONしないため、2つ目のワークの印字は検査されません。MVS-OCR2なら設定値「トリガチェック」により、同期信号の幅により警報を出力することが可能です。
連箱警報
文字の読み飛ばし
通常の文字認識カメラでは、検査ウィンドウ内に不要な文字があると誤判定しますが、MVS-OCR2なら不要な文字を読み飛ばすことが可能。微妙な位置ズレ等により不要な文字がウィンドウ内に入ってきても、安定した印字検査が可能です
文字の読み飛ばし
傾いた文字の補正
高速ワークにインクジェットプリンタで印字すると、文字が傾いて印字されることがあり、画像センサで認識すると印字内容が正しくてもNGと判定してしまいます。MVS-OCR2なら設定値「文字傾き」や「文字傾き補正」により、傾いた文字を補正して認識可能です。
feature_04
回転補正
ワークが回転して流れてきても、設定値「回転補正範囲」により、検査ウィンドウ内で正位置に補正して判定することが可能です。(補正範囲:最大±14.0°)
feature_06

HVS-OCR

閲覧履歴

ログインするとご使用いただけます。

こちらのシリーズもおすすめです