他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 製品情報 > 画像センサ > GVS-OCRシリーズ > 特徴

印字検査用画像センサ
GVS-OCRシリーズ

カンタン操作を追求した
印字検査カメラ

  • WEBサーバ搭載で設定ソフト不要
  • 使いやすく見やすいモニタ
  • 暗号化された日付・時刻の認識も可能
GVS-OCRシリーズ
印字検査カメラの次世代スタンダード
GVSシリーズは、使いやすさや検査の安定性に加えて、トレーサビリティやネットワーク化など、
食品業界における生産課題を解決する、新しい時代の印字検査機です。
印字事故を未然に防止
カメラで読み取った文字をセンサ内部の辞書データと比較し、その中から最も近い文字を選択、その選択した文字が全て正しければOK、1文字でも一致しなかったらNGとすることが可能。
印字間違いや文字欠け/文字抜けといった印字不良を未然に防止することができます。
業界初WEBサーバ搭載
設定ソフト不要

他シリーズで好評をいただいているWEBサーバをGVSシリーズにも搭載。
パソコンのWEBブラウザから、認識結果や設定内容を閲覧・制御が可能。
専用のパソコンソフトなしでお使いいただけます。
※印字検査用画像センサにおいて


リモート操作リモート操作でフォーカス調整
導入時やトラブル時も手間いらず

GVSシリーズではリモート操作でフォーカス調整が可能。
ワークまでの距離を数値で設定するだけでフォーカス完了です。
また、ピント位置を数値データで管理できるので、トラブル時の復旧や同一検査の横展開なども手間なくスムーズに行えます。


簡単操作3ステップ&高精度ティーチング
さらに操作が簡単に

撮像画像を保存したら、あとは「囲んで」「選んで」「ティーチング」するだけ。
わずか3ステップでティーチング完了です。
また、GVSシリーズではティーチング機能の高精度化に成功。
印字内容を正確に登録することが可能ですので、ティーチング後の調整の手間を大幅に削減しました。


閲覧履歴

ログインするとご使用いただけます。

こちらのシリーズもおすすめです