他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 製品情報 > 変位センサ > LMGシリーズ > 仕様

レーザマイクロゲージ
LMGシリーズ

3600走査/秒の超高速測定

  • レーザ光により非接触で外径や隙間を瞬時に測定
  • 2種類の測定値同時表示や多彩な測定モードを搭載
  • 測定幅2mmタイプから220mmタイプまで
    7レンジを用意

仕様

LMG7シリーズ (センサ部)

型 式 LMG 027 LMG 127 LMG 307 LMG 607 LMG 807 LMG 1507 LMG 2207※6
光源 可視半導体レーザ(波長:655nm)
測定範囲 (mm) 0.01 ~ 2 0.05 ~ 12 0.2 ~ 30 0.5 ~ 60 0.5 ~ 80 0.7 ~ 150 0.7 ~ 220
最小表示単位 (μm) 0.01 0.1
測定領域 上下 (mm) 2 12 30 60 80 150 220
前後 (mm) 0 ※2 4 (2) ※3 10 30 40 20 40
測定精度(μm)※1 再現性 ±0.5 ±1 ±2 ±4 ±5 ±12(±5)※4 ±15(±5)※5
直線性 ±0.3 ±1 ±2.5 ±4 ±8(±4)※4 ±12(±4)※5
繰返精度 ±0.03 ±0.04 ±0.10 ±0.35 ±0.6 ±2(±1)※4 ±2(±0.6)※5
測定回数(/s) 3600
走査速度(m/s) 85 226 355 707 990 1130 990
周囲温度(℃) 0 ~ 45
質量(kg) 送光部 2.0 2.5 2.7 2.2 4.0 7.5 20.0
受光部 1.0 2.0 4.5 6.0
1.6 3.0 4.5 7.0
質量合計 2.0 2.5 2.7 4.8 9.0 16.5 33.0

※1 周辺温度20±5℃、平均回数896回 (表示間隔 0.25秒) 以上で丸棒の外径測定時(±1ディジットの量子化誤差は含まず)
再現性:測定領域の中心から、上下 70%・前後 100%の範囲内で測定物を移動して測定した時の測定領域中心での測定値との差
直線性:測定領域中心で標準ゲージのサイズを変えて測定した場合の誤差
繰返し:測定領域中心で同一標準ゲージを繰り返し測定した場合、±2σの値(2分間連続測定時)

※2 測定位置中心のみ
※3 ( )内は0.05mm~0.1mmまでの測定物の場合
※4 ( )内は80mmまでの測定距離
※5 ( )内は下部測定領域での測定精度
※6 LMGW 2207は測定領域を上下に2つ持つタイプとなり、専用表示部となります。

D7シリーズ (表示部)

型 式 D7 D7-M
接続センサ数 1台 LMG127・307・607・807の同一センサを2台
測定値表示部 左右の測定値表示部に2箇所の測定値を同時表示可能
最高7桁デジタル表示
mm/inch切替可能
表示間隔 0.28ms~4.4s間を任意に設定 5種類登録可
目標値設定 左右測定値別に設定
許容誤差設定 小数点以下の上限・下限をそれぞれ設定
測定モード 外径2箇所、間隔3箇所まで選択
データ演算処理 平均値、最大値、最小値、最大値ー最小値、移動平均値
データ出力 RS-232C、アナログ±10V (BCDはオプション)
アラーム 許容誤差範囲以外では、ランプが点灯し、アラーム接点が閉じる
その他 外部信号による測定、校正、測定値のオフセット、ゼロセット
質量 4kg
電源 AC85~260V、50/60Hz、30VA

閲覧履歴

ログインするとご使用いただけます。

こちらのシリーズもおすすめです