他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 製品情報 > 変位センサ > TD1シリーズ > 特徴

エッジ測定センサ
TD1シリーズ

あらゆるワークの
エッジ位置の測定に。


エッジ測定/幅・すき間測定
部品やシート材の端面位置の測定など
エッジコントロールが必要な装置に最適。
透過型エッジセンサTD1シリーズは
受光素子にCMOSを採用することで、
高精度に端面の位置測定が行えます。
小型電子部品の幅測定や
ローラのすき間測定など
検査内容に応じて測定方法を
変更できます。

 特徴説明ムービー

movie

光軸調整が簡単

ヘッド位置調整モードにより、光軸のズレ発生時に表示灯が点滅し、ズレを確認できます。 センサ設置時や定期メンテナンス時に光軸確認が行いやすくなりました。

002

コンパクト設計

センサヘッドのコンパクト化により、スペースの 限られた装置内にも無理なく取付けが可能。 装置の小型化に貢献します。


閲覧履歴

ログインするとご使用いただけます。

こちらのシリーズもおすすめです