他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 技術情報 > 近接センサまるわかりガイド-近接センサの基礎知識 > 近接センサまるわかりガイド-近接センサ技術解説

INOXシリーズの調整補助LED

LEDによる調整補助灯は迅速な調整を可能にし、また拡張検出範囲を表示します。
LED表示灯は検出距離の81〜100%の範囲に対象物があるときに点滅動作をします。そして安定検出範囲(検出距離の81%以内の範囲)では継続的に点灯します。

シールド・非シールドの取り付け

シールド取り付け

近接センサを金属部材の中に埋め込むことができ、有効面と勤続面を同一平面にすることができます。

非シールド取り付け

近接センサはフリーゾーンが維持されるように、取り付けた金属部材から先端が突き出して取り付けなければなりません。

過電流保護抵抗

"短絡保護"も参照。過負荷保護のスレッシュホールドは継電流の値よりも大きくなります。

電源投入時の障害パルス抑制

電源電圧の投入から発振回路の発振開始までの間に、誤動作して出力が反転しない機能。

スイッチングトリガ材の基準

すべての検出レンジ測定は、正方形の標準測定St37板(1mm厚)を高周波磁場の中で軸方向に動かすことによって実施されています。スイッチングトリガ材の1辺の長さは検出エリアの直径かSnの3倍に等しいか大きい方の値を取ります。

検出距離低減係数 RM

仕様の検出範囲はすべてSt37を基準にします。その他の材質の場合は距離にかなりの低減が生じることがあります。
概算の参考値(材質の種類によって変わってきます)

実際の機種の選定や、それぞれの合金でできた物体に合わせた校正の際は、これらの修正係数を考慮してください。

近接センサを取り付ける際は、信頼検出レンジ(Snの81%)を基本としてください。厳密な距離で検出する場合は、感度ボリウムを調整するか、取付時にワークまでの距離を微調整してください。

逆接保護

DC3線/4線式近接センサは、電源線の極性が誤って結線されても、内部保護回路によって破壊を防ぐとともに、誤った信号を発生する誤動作が起きないように設計されています。

検出範囲

近接センサの検出範囲は、有効面に向かって同軸方向に動く測定板を検出しセンサが信号変化をする距離となります。

検出距離Sn : センサの機種による各々の数値
実検出範囲Sr : 0.9 Sn≦Sr≦1.1 Sn
有効検出範囲Su : 0.9 sr≦su≦1.1 sr
動作距離Sa(推奨検出範囲):規定の温度と電圧条件の下で近接センサが反応する距離。
これは検出距離の0%と81%の間となります。

短絡保護

短絡保護付き近接センサは、過負荷あるいは直接短絡に対してあるレベルの保護がなされています。負荷が限界値を超えた場合、出力は非検出時と同状態となり、その後は周期的に短絡が残存していないかどうかを調べます。短絡がなくなれば自動リセットが実行されます。

電圧降下Vd、Ia maxにおいて

最大負荷電流で近接センサのスイッチングモジュール両端に発生する電圧降下。直列接続の場合は特にご注意ください。

断線保護

供給線の1本が断線した場合、出力は非検出の状態で保持されます(誤動作が起きません)。