LED照明で解決!
照明の映り込みに苦労されていませんか?
金属部品の立体形状ワークや、光沢のあるパッケージされた製品などでは、
照明がワークに映り込み、ハレーションが発生します。
OPR
課題
・ 検査箇所に照明が映り込んでしまい、検査が安定しない
・ 照明が映り込まない位置が特定できない
・ 表面状態が変動する
解決方法
映り込みには偏光板の使用と
オーバードライブ機能が有効です!
偏光板
照明にオプションの偏光板、レンズに偏光フィルタを使用することにより
正反射の直接光をカットすることができます。
しかし、偏光により明るさが半減するため、通常より照明に明るさが求められます。
オーバードライブ(ストロボ発光)機能で明るさを3倍に上げることができる電源がおすすめです。
対象製品
センシングリング照明

OPRシリーズ

標準価格 25,000円(税別)~
OPR

偏光板はオプションです。

製品詳細ページ
テスト機依頼・製品購入
LED照明コントローラ Advanced

OPPFシリーズ

標準価格 36,000円(税別)~
OPPF

汎用電源にストロボオーバードライブ機能を搭載。

製品詳細ページ
テスト機依頼・製品購入
LED照明の技術的なお問合せはこちら
画像処理用LED照明ラインナップページへ