他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 展示会レポート
展示会名
第2回 自動車部品加工EXPO
日  時
2016年1月13日(水)~15日(金)
会  場
東京ビッグサイト

自動車業界における最新技術が一堂に介するオートモーティブワールド。当社は『自動車部品加工Expo』において、自動車部品加工後の計測・検査を行う形状測定センサや3D画像検査装置、画像処理用LED照明などを展示しました。

自動車部品の形状計測
自動車部品の計測機として形状測定センサLSシリーズと卓上3D計測検査装置3D-Eyeスキャナーを展示しました。

LSシリーズは、高さと幅を同時に計測できるため、自動車部品の段差判別や高さ方向の欠陥検出に最適です。

LSシリーズ詳細 使用例

鍛造部品などの自動車部品の3D外観検査に最適な3D-Eyeスキャナー。自動車ドアの接着剤塗布量計測など、ロボット搭載での計測用途にも対応可能です。
3D-Eyeスキャナ詳細 使用例

ピッキングロボット用の3Dビジョン
ステレオカメラ方式によりワークの位置姿勢を認識する3D-Eye30シリーズをピッキングロボット用ビジョンとして展示しました。

100μmの高さ計測が可能なN35タイプで、コインの厚み測定を行いました。

img30_05

ローコストタイプのN10タイプで棒状ワークの高さ認識を行いました。


3D-Eye30シリーズ詳細 使用例

自動車工場に最適な光電センサ
耐油性に優れたステンレスセンサZ-Mシリーズとコンパクトな筐体で4.5mの長距離検出が可能なTOF-Lシリーズを展示しました。

IP67G相当の保護構造を達成したZ-Mシリーズは、油・クーラント等を使用する自動車工場内でのワーク有無検出に最適です。
また、TOF方式により安定した長距離検出が可能はTOF-Lシリーズは、サイズの大きいワークの搬送ラインに最適です。

img30_09
Z-Mシリーズ詳細 使用例
TOF-Lシリーズ詳細

金属ワークの外観検査に適した画像処理用LED照明
狭指向性・高均一な照射により反射率の高いワークのキズ・打痕検査に最適なセンシング同軸照明OPXシリーズを展示。指向性や照明サイズの従来比較を行いました。
OPXシリーズ詳細

img30_11

またOPXシリーズの光源として使用されているバックライト照明OPFシリーズも展示。左:狭指向角タイプ、右:拡散タイプ。指向性の狭い照射により余計な反射による光の回り込みを抑え、ワークの輪郭を鮮明に撮像可能です。

OPFシリーズ詳細 使用例