他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 製品情報 > 光電センサ > BGSセンサ(距離設定型) > TOF-Lシリーズ > 特徴

長距離レーザBGSセンサ
TOF-Lシリーズ

超コンパクト
長距離検出センサ

  • 検出距離 最長4.5m
  • TOFセンサとしてコンパクトサイズを実現
  • 長距離でも安定検出


 特徴説明ムービー

movie

「長距離検出」を変える、コンパクト&ローコストなTOFセンサ

「長距離検出」を変える、コンパクト&ローコストなTOFセンサ 長距離検出センサは大きくて、重い。FASTUS TOF-Lシリーズは、そんな業界常識を一新するアンプ内蔵光電センサです。
TOFセンサとしてコンパクトサイズを実現を達成しながら、受光素子に高感度APDを搭載することで0.5msの高速応答と最長4.5mの長距離検出を実現しました。
※ 白紙(90%)において

TOF(Time Of Flight)方式
TOF(Time-Of-Flight)方式
パルス発光されたレーザが対象物にあたって戻ってくるまでの時間を計測し、距離に換算する測定方式。
対象物の表面状態の影響に強く、安定した検出が可能。

TOFセンサとしてコンパクトサイズを実現

TOF方式の光電センサとして、17×32.8×44.4(W×D×H)mmのコンパクトサイズを達成。
従来機の体積約1/4という大幅なコンパクト化を実現しながら、検出距離4.5mの長距離検出を実現しています。

TOFセンサで世界最小サイズを実現

長距離でも安定検出

長距離でも安定検出
受光量の差ではなくワークまでの距離でON/OFFするため、黒ゴムなどの反射率の低いワーク、光沢のある金属ワークなどでも安定した長距離検出が可能です。
白色応差≦5%(代表値)の低応差を実現。離れた場所からの部品有無検査など、段差判別にも能力を発揮します。
またTOF方式により、長距離でも検出精度が落ちにくく、白黒誤差も少なくなります。

投光光源にクラス1レーザを採用

TOF_L_lazer
4.5mの長距離検出をクラス1レーザで実現しました。
目に対して安全なレベルで、作業者の目の保護が不要。
またスポット光がはっきりと視認できるので、光軸調整を簡単に行えます。

閲覧履歴

ログインするとご使用いただけます。