他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 製品情報 > 変位センサ > CDXシリーズ > 特徴

超高精度レーザ変位センサ
CDXシリーズ

世界最高リニアリティ!

  • 新開発イメージセンサ:ATMOS
  • ダイレクトにEthernet接続
  • WEBサーバ搭載

 特徴説明ムービー

movie

超高精度と使いやすさの融合

<NEW> 正反射タイプ・ショートレンジタイプを追加
初代レーザ変位センサを発売以来、数十年にわたるノウハウを凝縮して得られた、世界最高レベルの測定精度。
様々なユーザニーズからたどり着いたシンプルな機器構成と、新コンセプト・WEBサーバ搭載による操作性。
超高精度と使いやすさを融合し、レーザ変位センサとしての完成度を究極まで高めました。

世界最高リニアリティを実現

世界最高リニアリティ ±0.015%F.S. カタログスペック「±0.015% F.S.」をらくらくクリアできる世界最高のリニアリティ。
従来機に比べ、圧倒的な高精度測定を実現しています。
※CDX-W30/-W85/-W150各機種の拡散反射設置にて。

測定条件として:
ワーク角度:±0°、周囲温度:25℃(常温)、電源電圧:DC24V、サンプリング周期:50μs、移動平均回数:256、メディアンフィルタ:31、測定中心距離、標準対象測定物:可視光遮蔽性セラミック。またセンサヘッドは、アルミ治具にて固定して測定しています。

●『リニアリティ』は「直線性」を意味し、実際の距離との誤差
    を表す数値。
リニアリティ比較

先進の光学系と高剛性ボディ

超高精度測定のため新たに開発された専用設計の光学系と独立ベースユニット構造の高剛性ボディ。
精度と高速性を高次元で両立し、誤差の要因をシャットアウトすることに成功しました。
先進の光学系と高剛性ボディ

Neo LDレンズを搭載

測定対象から反射される光を受光素子上に高精度に結像するために、受光レンズをカスタム化。誤差の原因となるレンズ収差によるスポットのひずみを大幅に軽減することに成功しました。

Neo LD: Neo Low Dispersion
Neo LDレンズ

閲覧履歴

ログインするとご使用いただけます。

こちらのシリーズもおすすめです