他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 製品情報 > 変位センサ > CD22シリーズ > 使用例

コンパクトレーザ変位センサ
CD22シリーズ

クラス最小 変位センサ

  • 外部アンプユニットCDAシリーズを発売
  • 革新的なコンパクトボディで装置組込みに最適
  • アンプ内蔵&デジタル4桁表示
  • ハイエンド機並みの高度な機能

装置組込みに最適。センサヘッド単体で使用可能。

CD22シリーズは小型・軽量ボディで、しかもアンプ内蔵式のため、設置スペースや配線の制約が少なく、センサ単体で装置組込みや可動部への取り付けが可能です。


外部アンプユニットで遠隔操作と簡単演算設定を実現。

視認性と操作性に優れた外部アンプユニットを新たに用意。
CD22シリーズを機械内部など狭い空間に取り付けても、離れた場所で操作が可能です。
2ヘッドによる厚み測定や段差測定の演算も簡単に行えます。


CC-Linkに接続し、「センサの見える化」を実現。

CDAシリーズを通信ユニットと接続することで、CC-Linkネットワークに接続可能。
また、三菱電機のiQ Sensor Solution(iQSS)に対応し、GX Works2でセンサの一括管理が簡単に行えます。


閲覧履歴

ログインするとご使用いただけます。

こちらのシリーズもおすすめです