他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 技術情報 > 検査項目別 LED照明の選び方 > 検査項目別 LED照明の選び方[蛍光観察]
検査項目別
LED照明の選び方
LED照明の代表的な画像検査例

 蛍光観察

蛍光観察に最適な照明

人に見せたくない製造番号や印字、外見に影響しない透明な接着剤などを検査する場合、インクや接着剤に蛍光剤含有のものを使用し、紫外(UV)光照明を使って蛍光発光したワークを撮像します。
照明の形状は、ワークの表面状態や形状に合わせて選択してください。

検査イメージ
ステルス印字の読取

撮像画像例
ワッシャの樹脂塗布確認

紫外光照明
×可視光照明

撮像画像例
封筒のステルス印字(バーコード)

紫外光照明
×可視光照明

「蛍光」の仕組み

蛍光体(=蛍光物質)は特定の波長の光を吸収し、異なる波長の光を放射する性質(=蛍光)を持っています。
この性質を利用した検査が蛍光観察です。例えば、ステルス印字は透明なインクに蛍光体を混ぜることで可視光では見えず、特定波長の光を照射することで見えるようにしています。




おすすめ製品

UVシリーズ
紫外照明
UVシリーズ