他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 製品情報 > 画像センサ > MVS-EM-Rシリーズ > 特徴

マルチカメラ画像センサ<計測>
MVS-EM-Rシリーズ

画像処理エンジンを
カメラユニットに搭載!

  • マルチカメラ接続
  • タッチパネル&テンキーで簡単操作
  • リニューアルCCDイメージセンサの感度が2.4倍に!

独自開発CPU

オールインワン画像センサCVSシリーズからの伝統である低発熱・低消費電力の設計思想をMVSシリーズでも継承。新たにMVSシリーズのためだけに開発された画像処理エンジンOPTimum CPU Ver.5により、カメラユニットにCPUを搭載することに成功しました。これにより高感度CCDで撮影した画像を、高速・高精度に演算・処理することを実現しました。


マルチカメラ接続 & 3ch独立トリガー機能搭載

コントローラ1台にカメラユニットを3台まで接続可能。コントローラのコストはカメラユニット3台使用なら1台あたり1/3になり、ローコスト化に貢献します。しかもMVSシリーズでは、カメラユニットに画像処理エンジンを搭載しているので、3台接続しても処理速度が遅くなるようなことはないうえ、パターンマッチング用のMVS-PM-Rや計測用のMVS-EM-Rだけでなく、文字認識カメラのMVS-OCR2といった別機種のカメラユニットを混在させて接続することも可能です。また、各カメラユニットに同期信号を個別に入力できる3ch独立トリガー機能を搭載。それぞれ異なるタイミングで撮影することも、一斉に撮影することも可能です。


ローコスト化

コントローラにタッチパネル、モニタ、テンキーがビルトイ
ンされているだけでなく、照明用の電源も内蔵 (特許取得
済)。配線や取付の問題を解消しただけでなく、ローコスト
化にも大きく貢献します。

※照明も3台まで接続可能。消費電力が合計24Wを超える照明を
 接続する場合は、別途照明用電源が必要となります。


タッチパネル & テンキー操作

画像をタッチして切り換えたり表示画像を変更したり、ウインドウの位置やサイズをタッチパネルで直接指定できます。またテンキー部には、テンキーモード、設定値アップダウン、ウインドウ位置の微調整など、機能に応じて必要なボタンのみが点灯するパイロットLED機能を内蔵しているので、押すべきボタンを迷うことはありません。


検査ウィンドウ

1つの画像の中に最大16個の検査ウィンドウを設定可能。ウィンドウごとに6つの検査モードを設定できるのはもちろん、ウィンドウごとのOK/NG判定を出力することも可能です。


32chのバンク機能

コントローラの操作、RS-232CやEthernet※による通信、さらにPLC等からの外部信号でも設定を切換(呼出)できるバンク機能を32ch装備。品種が変わるたびに設定をし直す必要がないので、多品種ラインの段取り換え時の時間のムダを省きます
※Ethernetによるバンク切換は、Ethernet通信機能内蔵コントローラMVS-DN-Eをご使用ください。


LED照明用電源をコントローラに内蔵

汎用画像センサで初めて、外部照明用電源を内蔵しました(3出力、12V出力、合計24W)。コストメリットはもちろん、ワンタッチ接続で配線ミスや点灯制御信号に煩わされることもありません


照明の輝度や出力を設定値で切換

バンクごとに使用する照明を切り換えたり、輝度を調整することができます。輝度は256階調、デジタル設定で数値管理が可能になりました。照明点灯制御も3系統個別に制御が可能です。


Ethernet接続が可能なコントローラ

1.複数台のカメラの遠隔操作が可能
Ethernet接続により、画像センサMVSの判定結果を離れた場所からモニタすることが可能。現場まで足を運ばなくても、集中管理室や事務所から検査状況を確認でき、設定値の読出や書込、NG画面の保存等の遠隔操作を行えます。
※ネットワーク環境に依存


2.MVS通信ソフトウェア
設定値の変更やNG画像の確認が可能な専用ソフトを無償でご用意しております。
ログイン後、ページトップのダウンロード ソフトウェアボタンからダウンロードしてご使用ください。



閲覧履歴

ログインするとご使用いただけます。

こちらのシリーズもおすすめです