他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 製品情報 > 光電センサ > BGSセンサ(距離設定型) > BGS-HL/BGS-HDLシリーズ > 特徴

高精度C-MOSレーザセンサ
BGS-HL/BGS-HDLシリーズ

最小検出段差 0.08mm
超高精度 段差判別センサ

  • 黒色・光沢ワークでも安定検出
  • アンプ内蔵&デジタル4桁表示
  • 2出力タイプ:BGS-HDLシリーズを機種追加

 特徴説明ムービー

movie

クラス最高峰の微小段差判別と安定検出を、コンパクト&ローコストで実現。

ハイエンド変位センサと同じ高信頼性エンジン“Tri-Core”を、 C-MOSレーザセンサに搭載することで、優れた高精度判別&安定検出能力を実現したFASTUS BGS-HL&BGS-HDLシリーズ。
微小段差&薄物ワークの判別から、黒色・金属・色柄ワークの検出まで、業界No.1のコストパフォーマンスで生産現場の課題を解決します。008

最小検出段差 0.08mm(BGS-HL05T) 0.1mmレベルの薄型部品の有無判別や傾き、重なり検出に威力を発揮します。

デジタルサブピクセル処理

微小な段差判別が可能

1画素を65536分割で認識するデジタル・サブピクセル処理を採用。
真の受光波形を正確に捉えることで、超微小段差判別が可能になりました。
最小検出段差 ※1 平均回数512回、応差設定0.02mm ※2 平均回数512回、応差設定0.2mm
●その他の測定条件については、裏表紙の仕様下部をご覧ください。 0デジタル・サブピクセル処理


クラス最高峰の段差判別センサに、2出力タイプのBGS-HDLをラインナップ

新たに機種追加されたBGS-HDLでは、制御出力を2系統装備。上下限出力や2段階出力が可能になったので、 センサが2台必要だったアプリケーションにも1台で対応可能です。 BGS-HDL

距離表示を2パターンから選択可能 (BGS-HDL専用機能)

センサのデジタルパネルに表示される距離の値を、バックグラウンドモード(bcGd)とターゲットモード(trGt)の 2パターンから選択可能。用途によって、距離変化がわかりやすい表示モードをお選びいただけるようになりました。 距離表示を2パターンから選択可能

出力2をティーチ入力に切換可能 (BGS-HDL専用機能)

白色の出力2リード線を設定によりティーチ入力に切り換えると、入力を2系統に増やすことが可能。
入力が1系統しかない機種では、入力動作を外部ティーチ以外(例:レーザ放射停止)に設定してしまうと外部ティーチができなくなってしまいますが、BGS-HDLでは必要に応じて入力を2系統に増やせるので外部ティーチに加え、レーザ放射停止やサンプルホールド等の入力動作も可能になりました。 出力2をティーチ入力に切換可能

高分解能電子シャッター

黒色・光沢ワークに強い

ワークの反射率にあわせてシャッター時間を自動で切換。受光量を制御し、常に最適な感度に補正することで、色や材質の違いによる誤差を極限まで小さくすることに成功しました。 005 材質間誤差を大幅に低減
BGS-HL25T2/BGS-HDL25T2と従来機とで、ステンレス・黒紙において設定距離と実測距離との誤差を測定。
従来機に比べてステンレスで約1/13、黒紙で約1/58と、誤差の大幅な低減を実現しています。 材質間誤差を大幅に低減

黒色・光沢ワークに強い
自動サンプリング調整

傾き・角度に強い

サンプリング周期をリアルタイムに自動調整する「サンプリング周期:AUTO」モードを搭載。
ワークにレーザが斜めに当たり反射光量が少なくなる場合でも高速判別が可能です。

007

閲覧履歴

ログインするとご使用いただけます。

こちらのシリーズもおすすめです