他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 製品情報 > 変位センサ > CD3シリーズ > 特徴

CCDレーザ変位センサ
CD3シリーズ

<生産終了機種>  >>代替機種

黒色や光沢ワークに強い
CCD受光素子搭載

  • 黒ゴム・光沢面を測定できる。
  • コンパレータ上下限設定機能
  • 簡単に設定できる。その場で距離が確認できる。
CCD受光素子搭載

黒ゴム・光沢面を測定できる。

CD3の開発コンセプトのひとつは、いかに対象物の色・材質の影響を受けずに正確に測距できるか?ということ。今回、新たに受光素子にCCDを採用し対象物の色・材質に関係なく安定測定。また、電子シャッターを採用し、黒ゴムでも光沢面でも受光量を最適に制御します。

表示値をゼロに調整可能

オフセット機能

測定範囲内の任意の点で表示値をゼロに調整できます。取り付け時の出力調整や基準測定ワークでのゼロ設定が簡単にできます。

出力電流の傾き調整可能

スパン調整機能

変位量と出力の関係を補正するスパン調整が初期値に対して±50%の範囲で調整可能です。

デジタルパネルメータ内蔵

簡単に設定できる。その場で距離が確認できる

もうひとつの開発コンセプトは、デジタルパネルメータをアンプ一体型ボディに内蔵させること。LEDディスプレイ、3ボタンにより、多機能でありながら簡単操作を実現しています。

測定範囲内の任意の2点間でOK出力可能

コンパレータ上下限値設定機能

本体内蔵のデジタルパネルメータを使ってオープンコレクタ出力の上下限値を検出物体の無い時でも設定できます。また、設定範囲ぎりぎりのNGワークを上下限2カ所用意して、ティーチングによる上下限設定も可能です。

3つの設定までメモリ可能

バンク機能

設定プログラムを3パターンまでメモリ可能。測定条件の変化に素早く対応可能で、段取り替え時の時間のムダを省きます。


閲覧履歴

ログインするとご使用いただけます。

こちらのシリーズもおすすめです