OPTEX FA

お問い合わせ
独自のセンシング照明で
つながる、見える

オプテックス・エフエーのLED照明


〜検査用照明の発展〜
〜IoTとセンシング照明〜

〜IoTとセンシング照明〜

照明の明るさ情報を、数値データとして制御機器へ


数値データ
オプテックス・エフエー独自のセンシング照明は、輝度(光量)データをはじめ各種データを見える化します。
各種データはEthernet通信によって上位機器へ受け渡すことが可能で、IoTによる照明の予知保全を実現します。
装置稼働後にデータのログを取ることで、照明・コントローラの稼働状況の把握や照明輝度の経時変化、異常発生時の状態把握が簡単にできます。
何が出来るようになるか?
従来は、PLCをはじめとした制御機器からの命令で指定した明るさで発光、点灯制御するだけでした。LED照明の光量変化は数値として見えないため、撮像した画像の明暗だけで判断するしかありませんでした。
センシング照明は、照明の明るさ情報を数値データとして制御機器へ受け渡すことができます。
センシング照明なら照明に新たな価値をプラス!
従来の照明
センシング照明

照明の調光値設定

コントローラの
エラー信号

光量変化の見える化

明るさの劣化状況からの
寿命予測

状態監視や
ダウンタイムを改善

故障発生時の早期復旧



〜検査用照明の発展〜
〜IoTとセンシング照明〜

ページのトップへ戻る