OPTEX FA

お問い合わせ
独自のセンシング照明で
つながる、見える

オプテックス・エフエーのLED照明


センシング照明とは
LED照明の課題
センシング照明とコントローラの役割

センシング照明とは

画像検査において、画像処理用LED照明は成否を左右するキーパーツです。
では、キーパーツとしてLED照明に求められることは何か。
オプテックス・エフエーは、センサメーカーとしての技術を活かし、明るさの自動管理に着目した「センシング照明」を開発しました。
LED照明の「長期安定性」「明るさの見える化」「予知保全」の実現により高付加価値な画像検査ソリューションを提供し、製造現場のIoT化に貢献します。
照明の輝度をセンシングし、光量変化を検出できるので予知保全にお役立ちします。
照明の輝度と温度を測定し、測定値(相対値)のモニタリングができます。
コントローラのフィードバック制御により一定の明るさを自動で保ち、画像検査の安定検出と長期安定性が可能です。



センシング照明とは
LED照明の課題
センシング照明とコントローラの役割

ページのトップへ戻る