他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 技術情報 > 変位センサ工程改善集 > 変位センサ工程改善集-高さ測定

高さ測定

セルマシンでの部品の位置決め
レーザ変位センサOD1000を使用して、組立セルでワークが正しく着座しているかどうかの確認を行います。
距離1000mmで繰返精度0.4mmとハイスペックなOD1000なら、センサを作業者の頭上に設置してもワークの着座を確認可能。作業の邪魔にならない場所から測定することにより組立時間を短縮でき、効率よく生産することが可能です。
使用製品ディスプレイ搭載レーザ変位センサOD1000シリーズ
ボトルキャップの浮き検査
ボトルキャップの締め付け具合を透過型エッジセンサTD1シリーズで測定します。
締め付けが甘いとキャップが高くなるので、ライン状のレーザにより検査することが可能。またTD1シリーズは透過型なので、キャップに色や柄があってもその影響を受けずに測定することが可能です。
使用製品透過型エッジセンサTD1シリーズ
スマートフォンのフレームの高さ測定
スマートフォンのパネル組付け精度をレーザ変位センサCDXシリーズでモニタします。
反射型のCDX-L15なら、±1μmの精度で測定可能ですので、わずかな浮きも組付け不良となるような用途でも余裕を持ってお使いいただけます。
使用製品超高精度レーザ変位センサCDXシリーズ
引張圧縮試験機の静的試験
レーザ変位センサCDXシリーズで、試験片の伸び量の測定を行います。
測定距離85mmで0.1μmと高分解能なので、わずかな変位量でも測定が可能。もし2台のセンサで測定する場合でも、新機能「同時測定機能」により正確に同じタイミングで測定することができるので、タイミングのズレなく測定値を取得することができるようになりました。
使用製品超高精度レーザ変位センサCDXシリーズ
<
トランスミッション部分の平坦度測定
トランスミッション部分の平坦度をレーザ変位センサCDXで測定します。
従来は接触式の変位センサでないと必要な精度が得られませんでしたが、世界最高リニアリティのCDXなら非接触でも高精度測定が可能。接触式の欠点である「耐久性」や「メンテナンス性」の問題を非接触測定により解決しています。
使用製品超高精度レーザ変位センサCDXシリーズ
キャップの浮き検査
飲料パックのキャップの浮きをコンパクトレーザ変位センサCD22で測定します。
アンプユニットのCDAを使用すれば2台のセンサの測定値の演算を簡単に設定することができます。またiQSS対応のUC1を使用すれば三菱電機製PLCのQシリーズ/LシリーズとのCC-Link通信を実現。iQSSによる測定値の取得、設定の読出し/書込み、バックアップ等を手間なく短時間で行うことが可能です。
使用製品コンパクトレーザ変位センサCD22+CDA+UC1
組付け高さ測定
レーザ変位センサCD22で部品の組付け高さを測定し、平行度を計測します。
CD22は非常にコンパクトにデザインされているので、狭い個所に複数台取り付けて測定する用途に最適。またアンプユニットのCDAを使用すれば2台のセンサの測定値の演算が簡単に設定でき、さらiQSS対応のUC1を使用すれば三菱電機製PLCのQシリーズ/LシリーズとのCC-Link通信を実現。iQSSによる測定値の取得、設定の読出し/書込み、バックアップ等を手間なく短時間で行うことが可能です。
使用製品コンパクトレーザ変位センサCD22+CDA+UC1
コイルの巻き量検査
形状測定センサLSでコイルに巻かれた銅線の量を検査します。
ライン状のレーザ光で測定するLSシリーズなら、最大27mm幅で銅線の巻き量を測定可能。もし一部分だけ二重に巻いてあってもその幅の中で平均高さを測定できるので、二重部分の影響をほとんど受けずに測定することが可能です。
使用製品形状測定センサLS-100CN
ブレーキパッド部品の高さ測定
ブレーキパッドのPWI(Pad Wear Indicator)の取付け高さを測定し、正確に取り付けられているかを検査します。
従来は複数のセンサでパッド面とPWIを測定していましたが、高さの相対位置が保証できないという課題がありました。
LSシリーズなら、1台のセンサで同時に測定することができるので相対位置を確実に検査することが可能。また金属部分とパッド部分で表面状態が異なる場合でも、安定した測定をすることが可能です。
使用製品形状測定センサLS-100CN
免震ゴムの圧縮測定
レーザ変位センサCD5で免震ゴムの圧縮工程の平行度を測定します。
レーザ式のCD5は接触式に比べ測定レンジが広いので、品種切り替えでゴムの高さが変わっても取付位置を変更することなく測定可能。時間のムダを省くとともに平行度を高精度に測定することができます。
使用製品高性能マルチレーザ変位センサCD5
金属部品平行度検査
コンパクトレーザ変位センサCD22で金属部品の平行度を計測します。
部品が小さく、狭いスペースに3台ものセンサを取り付けることができないので部品を回転させて計測していましたが、コンパクトサイズのCD22なら十分取付が可能。回転装置が不要になり、また一瞬で検査できるので導入コスト削減だけでなくタクトの向上にも貢献します。
使用製品コンパクトレーザ変位センサCD22
金属箔の両端浮き測定
銅箔やアルミ箔の両端の浮きをレーザ変位センサCD22-15□で測定します。
通常は移動方向と垂直になるようにセンサを取り付けますが、この例のように浮きの方向が誤差を発生させる場合は平行に取り付けてその影響を防ぎます。
最適なテンションにすることにより両端を浮かせずに搬送することが可能ですので、歩留りの向上に大きく貢献します。
使用製品コンパクトレーザ変位センサCD22
ネジ締め具合(高さ)確認
HDDのネジが規定の深さまで締められているかどうかを、レーザ変位センサCD22-35□で測定します。
CD22シリーズはコンパクト設計なので、狭い個所にも複数台の取付が可能。しかも標準価格59,800円ですので、複数台使用時もローコストで導入することが可能です。
使用製品コンパクトレーザ変位センサCD22
航空機用部品の回転角度計測
非破壊検査装置の回転軸制御を、レーザ変位センサCD5-W85を用いて行います。
回転する高精度部品の上面部を測定することにより角度を算出。部品の加工精度が許容範囲内かどうかを測定し、良/不良を判定します。
使用製品レーザ変位センサCD5-W85+CD5A-N
ブレーキパッドの平行度測定
CD33は受光素子に高感度C-MOS素子を採用しているので、パッドの色の影響をほとんど受けずに平行度が測定可能です。
使用製品C-MOSレーザ変位センサCD33-30N□
ふたの密閉確認
ビン詰のフタがしっかり密閉されているかどうかをレーザ変位センサCD33で検出します。
しっかり密閉されているとフタがへこんだ状態になりますが、密閉されていないとフタがフラットな状態になるので、その差を検出します。搬送ラインのバタツキを考慮し、フタの中心と外側を測定してその差が規定値以上あればOK、なければNGとして検出します。
使用製品C-MOSレーザ変位センサCD33
薄板ロールのクレーン制御
CD5-W2000は最大2500mmで測定可能。径の大きい薄板ロールでも30μm単位で測定可能ですので高精度にクレーンを制御することが可能です
使用製品高性能マルチレーザ変位センサCD5-W2000
シール剤の塗布量測定
シール材の高さを測定し、量と途切れを検査します。CD5の安定測定機能Tri-COREにより、シール剤の高さを安定して測定可能です。
使用製品高性能マルチレーザ変位センサCD5-30
ハンダの塗布量、部品の高さ測定
電子シャッタで光量を自動制御するので、はんだの高さを1μmの高分解能で測定します。

使用製品高精度レーザ変位センサCD4-30(J)

半田槽液面高さ計測
超長距離レーザ変位センサCD5-W2000で半田槽の液面レベルを測定します。
CD5-W2000ならフロートを最大2500mmまで繰返精度30μmで測定可能。またビューポート越しの測定とすることで、センサの耐熱対策も不要です。
使用製品レーザ変位センサCD5-W2000
ビューポート越しの基板検出
レーザ変位センサCD33でチャンバ内の基板の反りを測定します。
ビューポート越しの測定となるので長距離測定が条件となりますが、CD33なら最大で400mmまでの測定が可能。長距離でも安定して測定することが可能です。
使用製品C-MOSレーザ変位センサCD33
実装部品の高さ測定
レーザ変位センサCD33で、実装部品の高さを測定します。小型・軽量設計ですので、ロボットの高速化・ローコスト化にも貢献します。
使用製品C-MOSレーザ変位センサCD33-30N□
ビューポート越しの浮き量測定
ビューポート越しにウェハの傾き量を測定し、ロボットアームに正確にウェハが載っているかどうかをチェックします。またロボットアーム自体を測定すれば、アームの動作精度をチェックすることも可能です。
使用製品高性能マルチレーザ変位センサCD5-W2000
基板の浮き検出
レーザ変位センサCD33で基板の浮きを検出します。
受光素子にC-MOS素子採用し、サブピクセル処理と自動感度切換機能の相乗効果により、基板の色の影響に強い安定した検出が可能です。
使用製品C-MOSレーザ変位センサCD33
アニール深さの制御
レーザ変位センサCD5でSi基板を測定し、アニール深さを制御します。
正反射式のCD5-L25なら繰返精度0.02μmで測定が可能。アニール深さを正確に制御することができます。
使用製品レーザ変位センサCD5-L25
ダンボールの積み上げ量測定
カートナのダンボールの積み上げ量を測定し、なくなる前に警報を出力します。 CD5-W2000は2000±500mmと測定範囲が広いので、積み上げ量が高い場合でも測定が可能です
使用製品高性能マルチレーザ変位センサCD5-W2000
ロボットアームの高さ制御
レーザ変位センサCD33でロボットを制御します。
受光素子にCMOSイメージセンサを採用したCD33なら、ワークの色や光沢の影響を受けない測定が可能。 厚みを安定して測定できるので、ワークを掴みに行く際のロボットアームの高さを正確に制御することが可能です。
使用製品C-MOSレーザ変位センサCD33