他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 製品情報 > 距離センサ > DT50シリーズ > 特徴

反射型レーザタイプ
DT50シリーズ

sick_001

ディスプレイ搭載レーザ距離測定器

  • TOFの原理で最大30mまでの距離測定
  • 液晶ディスプレイと操作ボタンでかんたん設定
  • 用途に応じて選べる豊富なオプション
DT50シリーズ

TOFの原理で最大30mまでの距離測定

Time-Of-Flight:パルス発光されたレーザが対象物にあたって戻ってくるまでの時間を計測し、距離に換算する測定方式

10m※1まで測定可能なローコストタイプと、最大30m※1まで測定可能な長距離タイプをラインナップ。用途に合わせて最適な機種をお選びいただけます。※1.白色紙(反射率90%)にて


液晶ディスプレイと操作ボタンでかんたん設定

見やすい液晶ディスプレイを内蔵。その場で距離が確認可能で、4つの操作ボタンにより多機能ながら簡単操作を実現しています。


用途に応じて選べる豊富なオプション

ヘビーデューティー仕様が求められる現場での測定を可能にするオプションも充実しています。また、長距離での光軸調整 を容易にする光軸調整機能付の取付金具もご用意しております。


閲覧履歴

ログインするとご使用いただけます。

こちらのシリーズもおすすめです