他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 製品情報 > 変位センサ > UQ1シリーズ > 特徴

変位センサコントロールユニット
UQ1シリーズ

三菱電機シーケンサと変位センサが
簡単接続。

  • エンジニアの負担を軽減する、かんたん接続&設定
  • 最短100μsの高速応答を実現
  • スペースもコストも1/3
UQ1シリーズ

 特徴説明ムービー

movie

「早い」「安い」「簡単」な変位センサ用接続ユニット

これまでPLCで変位センサを制御する場合、事前に複雑なプログラムを組む必要がありました。また汎用の通信ユニットでは、PLCへの負担が大きく、高速性という観点においてセンサの能力を充分に発揮できないという課題がありました。
そこで、FA制御のリーディングカンパニー・三菱電機と産業用センサのオプテックス・エフエーが連携。ベストセラーのシーケンサMELSEC-Qシリーズに高精度レーザ変位センサCD5シリーズを簡単接続できる「変位センサコントロールユニットUQ1-01」、C-MOSレーザ変位センサCD33シリーズを簡単接続できる「変位センサコントロールユニットUQ1-02」を開発しました。

「早い」「安い」「簡単」
UQ1-01 UQ1-02
「早い」「安い」「簡単」
UQ1シリーズは内部にCPUを内蔵しているため、全処理をUQ1自身が行います。
PLC(シーケンサ)側は結果を確認しにいくだけで、CPUへの負荷がかからず、高速応答を可能にします。
UQ1シリーズはCD5シリーズ&CD33シリーズアンプユニットの機能を引継ぎながら価格は1/3に設定。
しかも高機能なソフトウェアは無償提供。変位センサを含めたトータルコストでも、圧倒的なコスト削減が可能になります。
ベースユニットにUQ1シリーズをカチッと挿すだけで、ユニットの設定やセンサの通信設定が一切不要。
プログラムの手間が要らない接続ユニットです。

一見、普通の通信ユニットですが、かつてないほど「高機能で低価格」。 それがオプテックス・エフエーのUQ1シリーズです。

閲覧履歴

ログインするとご使用いただけます。

こちらのシリーズもおすすめです