他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 技術情報 > LED照明・電源 工程改善集 > LED照明・電源 工程改善集-金属板ワークのキズ検査
金属板ワークのキズ検査
金属板ワークのキズ検査
平坦な金属板の表面にあるキズの検査をします。
一般的には平行度が高い同軸照明を使い、キズを黒く周囲を白く撮像しますが、キズが浅い(もしくは薄い、細い)場合、キズまで白く撮像されることがあります。同軸照明の発光面が大きく、また設置高さ(LWD)が低いと光が斜め方向からワークへ照射され、キズで散乱するためです。このようなキズの場合、より平行度の高い光が必要となります。狭指向角のバックライト照明OPF-50x15W-PSを用い、カメラと照明をV字に配置することでキズを黒く、周囲を白く撮像することが可能です。

撮像例

※実験用に当社で傷を付けています。

×
同軸照明

発光面が大きく、斜めから照射される
光があるため、キズが光り、
白く撮像される。


バックライト照明(50×15㎜)

より平行度の高い光を照射することで
キズの無い部分は正反射させ白く、
キズ部分は黒く撮像できる。



使用製品センシングバックライト照明OPF-50x15W-PS