他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 技術情報 > 変位センサ工程改善集 > 変位センサ工程改善集-自動車業界

自動車業界

トランスミッション部分の平坦度測定
トランスミッション部分の平坦度をレーザ変位センサCDXで測定します。
従来は接触式の変位センサでないと必要な精度が得られませんでしたが、世界最高リニアリティのCDXなら非接触でも高精度測定が可能。接触式の欠点である「耐久性」や「メンテナンス性」の問題を非接触測定により解決しています。
使用製品超高精度レーザ変位センサCDXシリーズ
円柱ワークの位置決め
形状測定センサLS-100CNで円柱ワークの加工穴を検出し、位置決めを行います。
最大27mmの視野を持つLS-100CNなら、穴の加工位置にバラツキがあっても確実に検出可能。小スポットのセンサでは検出できない穴の検出をライン状のレーザ光により実現しています。
使用製品形状測定センサLSシリーズ
パイプ高さ&ボルト浮き検査
自動車部品における①パイプの出代の計測検査(1個×4点)②ボルトの浮き検査を(4個×2点)をロボットに搭載した形状測定センサLSシリーズにて行います。
2Dカメラでは不可能な高さ方向の不良を自動で検出できます。
使用製品形状測定センサLSシリーズ
金属プレートの取付位置計測
レーザ変位センサCD22で、金属プレートが正しい位置に取り付けられているかどうかを計測します。
CD22用コントローラCDAシリーズとCC-Link通信ユニットUC1シリーズを使用すれば、CC-LinkでPLCと接続することが可能。PLCに三菱電機製のMELSEC-Qや-Lシリーズを使用すれば、iQSSによる測定値の取得、設定の読出し/書込み、バックアップ等を手間なく簡単に行うことが可能です。
使用製品コンパクトレーザ変位センサCD22
金属シャフトの品種判別
形状測定センサLS-100CNで、金属シャフトの溝の間隔を計測することによりその品種を判別します。
LSは幅方向を測定できるので、溝の間隔と数量を測定することにより品種を判別可能。カメラだと機器点数が多く、システム構築がどうしても複雑になってしまいますが、オールインワン構造のLSなら1台だけで品種判別が可能です。
使用製品形状測定センサLS-100CN
ロボットアームの位置決め
ロボットにとって、ワークの傾いた個所と平行な個所を加工するのは困難な場合があります。
レーザ変位センサCD22シリーズを3台使用すれば、アーム先端とワークが常に平行になるようにフィードバックすることが可能。またCD22は小型・軽量を実現しているので、ロボットの負荷が軽く、アーム先端に取り付けてもほとんど邪魔になることはありません。
使用製品コンパクトレーザ変位センサCD22
自動車部品の大きさ判別
自動車部品の高さと径をレーザ変位センサCD5-85で測定することにより品種を判別します。
コントロールユニットのUQ1-01を使用すれば三菱電機製MELSEC-Qシリーズと直接接続することができ、複数台のセンサの演算設定も簡単に行うことが可能です。
使用製品高性能レーザ変位センサCD5
自動車部品の品種判別
自動車部品の品種を形状測定センサLS-100CNで判別します。
部品に刻まれた溝幅を計測することにより品種判別を実現。異品種混入を防ぐことにより、トラブルを未然に回避します。
使用製品形状測定センサLS-100CN
パイプの内径計測
レーザ変位センサCD22シリーズでパイプの内径を測定します。
従来のレーザ変位センサではサイズが大きくパイプの内側に設置することができませんでしたが、奥行わずか31mmのCD22なら設置が可能。また3台設置して演算することにより、回転ブレによる誤差を補正することができるので、安定した計測が可能です。
使用製品コンパクトレーザ変位センサCD22
ブレーキディスクのコンタミナント検出
ブレーキディスクにコンタミナントが付着しているかどうかを形状測定センサLSシリーズを2台使用して検査します。
LSシリーズなら1台あたり最大27mm幅での検査が可能。また最小200μmのコンタミナントの有無検査が可能です。
使用製品形状測定センサLS-100CN
O-リングの有無&浮き確認
O-リングの浮き検査ではどの部分が浮くのかが定まらないので、ピンポイント測定のレーザ変位センサでは測定が不可能です。
LSシリーズなら最大27mmの視野幅を有しているので、O-リングのどの部分が浮いても確実にNG判定することが可能です。
使用製品形状測定センサLS-100CN
シーラー塗布量検出(ブロック)
目視や画像センサでは、塗布の位置や幅は分かっても「高さ」が分かりません。
LSシリーズで塗布直後に「幅」と「高さ」を測定することで、適切な塗布量・塗布位置になっているかのフィードバック制御を実現しました。
使用製品形状測定センサLS-100CN
ドアトリムの貼り合わせ確認
ドアトリムの組立て工程で貼り合わせ位置をLSシリーズで測定します。
高さだけでなく幅も測定可能なLSシリーズなら、上下方向だけでなく左右方向のズレも計測可能。正確な貼り合わせが可能になります。
使用製品形状測定センサLS-100CN
ブレーキディスクの厚み測定
従来は2台の変位センサでディスクを挟み込むように取り付けて厚みを測定していました。
LSシリーズなら厚みを測定可能なので難しい取付けは不要で、さらに1台で測定可能。挟み込みに必要な機構部分が不要な上、正確さを要求する取付け作業も必要なくなりました。
使用製品形状測定センサLS-100CN
ブランク材料の重なり検出
従来は上下2台の変位センサの測定値を演算し厚みを測定していましたが、センサの取付けが難しいうえ、吸着アームと接触する場合がありました。
LSシリーズは一台で測定できるため取付けが容易で、2台による演算式の設定も不要です。しかも横方向からの測定となるためアームとの接触を考慮する必要もなくなりました。
使用製品形状測定センサLS-100CN
溶接位置の倣い制御
LSシリーズならワークの色や傾きに強いので溶接の正確な倣い制御が可能。自動溶接を確実なものにするとともに、製品の品質向上に大きく貢献します。
使用製品形状測定センサLS-100CN
自動車のドア隙間・段差検査
自動車にドアの組付け精度確認に、ドアと車体の隙間や段差を測定します。
従来の変位センサでは隙間の測定のためにはセンサをボディ形状に合わせて動かす必要があるので車種が多いと測定自体が困難です。またシムを使った検査では時間がかかる上、車体に傷を付けてしまうことがあります。
LSシリーズなら、幅の広いライン光で隙間と段差を同時に検査することが可能。しかも非接触測定なので、短時間で傷をつけない検査を実現しています。
使用製品形状測定センサLS-100CN
ブレーキパッド部品の高さ測定
ブレーキパッドのPWI(Pad Wear Indicator)の取付け高さを測定し、正確に取り付けられているかを検査します。
従来は複数のセンサでパッド面とPWIを測定していましたが、高さの相対位置が保証できないという課題がありました。
LSシリーズなら、1台のセンサで同時に測定することができるので相対位置を確実に検査することが可能。また金属部分とパッド部分で表面状態が異なる場合でも、安定した測定をすることが可能です。
使用製品形状測定センサLS-100CN
かしめ部の形状確認
かしめ量の検査では、従来は作業者がノギスで一点ずつ測定していましたが作業に時間がかかり、また測定値にバラツキがあることがネックです。
LSシリーズなら、かしめ量を一瞬で測定可能。また、測定距離が一定でなくてもリベットと板を相対位置で測定できるので、バタツキがあっても安定した検査が可能です。
使用製品形状測定センサLS-100CN
シャフトのブレ計測
レーザ変位センサCD22-15□でシャフトの振れ量を測定します。
CD22はハイエンド機と同等のトリプル補正&最適化技術"Tri-CORE"を搭載。シャフトのようなRのある金属面でも安定した測定を実現しています。
使用製品コンパクトレーザ変位センサCD22
ブレーキパッドの平行度測定
CD33は受光素子に高感度C-MOS素子を採用しているので、パッドの色の影響をほとんど受けずに平行度が測定可能です。
使用製品C-MOSレーザ変位センサCD33-30N□