他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 技術情報 > 変位センサ工程改善集 > 変位センサ工程改善集-レベル制御

レベル制御

ガラス溶湯のレベル制御
ガラス溶湯のレベル制御では溶湯の温度が1300℃を超えるので、温度の影響を最小限にするために長距離で測定する必要があります。
レーザ変位センサCD5-W2000なら業界最長となる2mの長距離測定を実現。冷却ケースが簡易なものですむので装置のローコスト化に貢献します。
※冷却ケースは別途ご用意ください。
使用製品高性能レーザ変位センサCD5
チョコレートのレベル制御
レーザ変位センサCD33-250N□で、ホッパー内のチョコレートペーストの上限と下限レベルを検出します。
CD33シリーズはワークの光沢や色の影響に強い高精度感度切換機能を搭載しているので、チョコの光沢の影響に強い検出が可能。また制御出力も標準で2系統内蔵しているので、上限信号と下限信号を1台のセンサで出力することが可能です。
使用製品C-MOSレーザ変位センサCD33
溶湯のレベル制御
超長距離測定が可能なCD5-W2000は最大測定距離2500mm!溶湯の輻射熱の影響が小さい長距離からの測定を可能にしました。
使用製品高性能マルチレーザ変位センサCD5-W2000