他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 技術情報 > 変位センサ工程改善集 > 変位センサ工程改善集-段差判別

段差判別

飲料パックの継ぎ目位置制御
形状測定センサLS-100CNで飲料パックの貼り合わせ位置を検査します。
パックの端から継ぎ目まで距離を計測することにより、継ぎ目が正しい位置にあるかが検査可能。変位センサを複数台使用して演算しなくても、簡単に継ぎ目位置を検査することができます。
使用製品形状測定センサLS-100CN
プリンタ複合機の隙間と段差の検査
プリンタ複合機のトレイの隙間と段差を形状測定センサLS-100で計測します。
LS-100なら高さしか測定できない変位センサとは異なり、高さと幅の両方を同時に測定することが可能。検査個所が多ければ多いほど、1台あたりの検査時間を大幅に短縮することができます。
使用製品形状測定センサLS-100CN
黒ゴムの凹凸検出
黒ゴムの凹凸をレーザ変位センサCD22-100□で検出します。
凸部の側面に光が当たると反射光が逃げ受光量が低下してしまいますが、AUTOサンプリング機能搭載のCD22シリーズなら安定した検出が可能。凹凸に強い検出を実現しました。
使用製品コンパクトレーザ変位センサCD22
トレイの中のチップの有無確認
ハンドラーでのトレイ内のチップの有無をレーザ変位センサCD22でスキャンして検出します。
レーザ光電センサでは受光量の差が小さくて検出できない場合でも、CD22-100□なら高さで検出することが可能。チップの色が変わってもまたチップが薄くても、その有無を確実に検出することが可能です。
使用製品コンパクトレーザ変位センサCD22
ゴムシートの継ぎ目検出
CD33は受光素子に高感度C-MOSを採用したレーザ変位センサですので、光沢のある黒ゴムの継ぎ目や段差を安定して測定することが可能です。
使用製品C-MOSレーザ変位センサCD33-50N
アイスクリームカップの倒れ検出
ケース内のアイスクリーム容器が正常に入っているかどうかを、高さの違いで検出します。CD33はワークの色変化に強いので、容器に絵柄があっても安定して検出可能です。
使用製品C-MOSレーザ変位センサCD33-85N□