他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 技術情報 > 変位センサ工程改善集 > 変位センサ工程改善集-カウント・通過検出

カウント・通過検出

小型モータの回転数検査
モータの回転数を超高精度レーザ変位センサCDX-30で検査します。
ギヤの歯が小さく光電センサでは段差を判別できないので、レーザ変位センサを使用します。CDX-30ならスポット径がφ30μmなので、ギヤの1つ1つを検出することが可能。また新開発の受光素子ATMOSはフィードバックレスの高速シャッターを実現しているので、一瞬の測定不能や応答の遅れがない測定を実現しています。
使用製品超高精度レーザ変位センサCDXシリーズ
不織布の送り量制御
不織布の送り量をコンパクトレーザ変位センサCD22-100AMで折り目をカウントすることにより制御します。
品種により折り目の高さが異なるので光電センサでは品種ごとに調整が必要ですが、レーザ変位センサならアナログ出力の波形を基に送り量を制御することが可能。段取り替え時にセンサを都度調整する必要がなくなりました。
使用製品コンパクトレーザ変位センサCD22シリーズ
小型電子部品のカウント
部品のわずかな高さの違いを測定することにより、連続して流れてくる部品のカウントが可能です。ハイパスフィルタの搭載により、ワークのバタツキもキャンセルできます。
使用製品高性能マルチレーザ変位センサCD5-30