他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > センシングバックライト照明「OPFシリーズ」にニューラインナップ ニュースリリース
2016年9月1日
オプテックス・エフエー株式会社
事業戦略室
室長 青井 昭博

大きいワークの輪郭抽出・異物検査に最適な
センシングバックライト照明210×200 ㎜サイズを発売

 オプテックス・エフエー株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長:小國勇)は2016年9月1日、画像処理用センシングバックライト照明「OPFシリーズ」の210×200mmサイズを発売いたします。
 「OPFシリーズ」は、独自のプリズムシートにより狭指向角(半値角±17°)照射が可能な「狭指向角タイプ」と高均一照射が可能な「拡散タイプ」の2タイプをラインナップしています。販売が好調な27×27から150×150㎜の9サイズに加え、今回新たにご要望の多い大型バックライト照明として210×200㎜サイズを追加します。これにより合計60機種となり、豊富なラインナップから用途に最適な照明を選択いただけます。
 「OPFシリーズ」の210×200㎜サイズは、大きいワークの輪郭抽出・異物検査に力を発揮します。例えば、ソーラーモジュールを構成するソーラーセル(約150mm角)の欠け検査において、210×200mmサイズの狭指向角タイプであれば、指向角の狭い照射により余計な反射を防ぎ、セルの割れをくっきりと撮像できます。また、従来比2.5倍の明るさと高均一性を実現した拡散タイプは透過検査に適しており、ビン内部の異物検査などに最適です。
 標準価格は狭指向角タイプが250,000円(税別)、拡散タイプは240,000円(税別)です。
 今後もオプテックス・エフエーは「FASTUS(ファスタス)」ブランドの製品数を拡大し、産業用センサの新しい価値を提案していきます。

製品外観
OPF 210×200
使用例

■使用例1:ソーラーセルの欠け検査

■使用例1:ソーラーセルの欠け検査

■使用例2:ビン飲料の異物検査

■使用例2:ビン飲料の異物検査

ラインナップ
種類 型 式 発光面
サイズ
[mm]
質量[g] 消費電力
[W]
標準価格
(税別)
狭指向角タイプ OPF-210x200□-PS 210x200 630 30.0 ¥250,000
拡散タイプ OPF-210x200□-DF ¥240,000
□:W(White)、R(Red)、B(Blue)
国内販売数目標
(年間)
300台
主要販売先

電子部品業界、自動車部品業界、三品業界をはじめとした産業界全般

本件に関するお問合せ
オプテックス・エフエー株式会社 【ジャスダック:6661】
事業支援部 大毛 沙紀(E-mail: fa@optex-fa.com
〒600-8815 京都市下京区中堂寺粟田町91 京都リサーチパーク9号館
TEL: 075-325-2920 FAX: 075-325-2921
E-mail fa@optex-fa.com