他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 製品情報 > 光電センサ > ファイバユニット > NFシリーズ 微小物体検出タイプ > 特徴

ファイバユニット
NFシリーズ 微小物体検出タイプ

【微小物体検出】タイプ

スポットレンズと極細スリーブで微小物検出

  • スポット径を微調整できる小スポットレンズをラインナップ
  • φ0.125mmの極細コアを採用し、さらなる微小ニーズに対応(NF-DP01)

ファイバユニット一部機種、生産終了のご案内



スポットレンズで微小物体を安定検出

微小スポットレンズNF-DA03と同軸反射型ファイバユニットNF-DK21の組み合わせで、スポット径φ0.2mmを実現。



スポット径を微調整

ファイバの挿入量によりスポット径と検出距離を可変できる小スポットレンズNF-DA06。距離20〜40mmでスポット径をφ0.9〜1.9mmに可変できます。また、省スペース化を実現したサイドビュータイプNF-DA07もラインナップしております。



極細コアで微小物体を検出

反射型のNF-DP01にはφ0.125mmの極細コアを採用。さらなる微小物体検出のニーズに対応しました。もちろんスリーブつきで、ファイバの位置合わせもかんたんになっています。



閲覧履歴

ログインするとご使用いただけます。

こちらのシリーズもおすすめです