OPTEX FA

お問い合わせ
独自のセンシング照明で
つながる、見える

オプテックス・エフエーのLED照明


「光量低下で使用できなくなる前に交換作業を行いたい」

  • センシングLED照明なら・・・
  • 『光量低下をモニタリング。設定光量に達したらアラーム表示が可能です!
    LED照明の劣化を把握し、任意のタイミングで交換作業が行えます!』
従来
センシング照明なら
  • 【解説】
    ①現象:最近誤判定が多くなってきたと思ったら、照明が劣化していた。
    ②原因:そもそもLED照明は劣化しないと思っていた。
    ③対応:ラインを止めて、照明を交換し、カメラの再調整。復帰まで1時間程度かかった。

    <センシング照明を使うと>
    ・光量変化をモニタリングできる
    ・予め設定した光量に達した際にアラームで知らせることができる

    期待できる効果
    ・作業負荷の軽減
     ①人手を要する照度測定の作業負荷を削減
     ②突発的なライン停止時の原因究明作業/照明交換作業から、計画された交換作業へ

    ・ダウンタイムの削減
     モニタリングによって得られた照明の光量情報から、
     ①故障前に交換作業が可能(生産ラインの停止を未然に防ぐ)
     ②生産ラインの稼働状況に応じて、交換タイミングを調整可能
■カテゴリ
活用事例、機能紹介
■機能
FALUX sensing、モニタリング、モニタ輝度アラーム
■業界/アプリ
明るさ管理
■製品
FALUX sensing対応コントローラ、センシングLED照明全般

FALUX sensing

照明劣化

光量監視

モニタリング

モニタ輝度アラーム

予知保全



ページのトップへ戻る