OPTEX FA

お問い合わせ
独自のセンシング照明で
つながる、見える

オプテックス・エフエーのLED照明


「撮像画像が暗くなった原因調査をしたい」

  • センシングLED照明なら・・・
  • 『光量変化をモニタリング可能。画像が暗くなった時点の光量確認により、
    原因の切り分けに役立ちます!』
  • 【解説】
    ①現象:導入当初に比べて撮像画像が暗くなってきて、むだバネが増えてきた。
    ②原因:構成機器(カメラ、レンズ、照明)のいずれの要因なのか?
    ③通常の検証方法:照明の照度を上げてみる、カメラのシャッター速度を調整する、レンズのピントや絞りを調整してみる。

    <センシング照明を使うと>
    直近の照明の光量変化を確認するだけ!
     ・光量変化がない場合→照明以外の問題→カメラレンズを確認する。
     ・光量変化がある場合→照明の問題→光量上げるもしくは、交換する

    期待できる効果
    *原因の切り分けがすぐできる
    *短時間で生産復旧できる
■カテゴリ
活用事例、機能紹介
■機能
FALUX sensing、モニタリング
■業界/アプリ
明るさ管理、原因分析
■製品
FALUX sensing対応コントローラ、センシングLED照明全般

FALUX sensing

原因分析

光量監視

モニタリング



ページのトップへ戻る