他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 技術情報 > 光電センサ工程改善集 > 光電センサ工程改善集-包装業界

包装業界

小袋の落下カウント
スクリーンファイバユニットNF-TS40でシューターから落下してくる小袋の通過個数をカウントをします。
落下中の検出となるので小袋の通過位置にどうしてもバラツキが発生してしまいますが、NF-TS40なら40mm幅の近並行光で検出するので、小袋が一定位置を通過しなくても安定して検出することが可能です。
使用製品ファイバユニットNF-TS40
透明容器の重なり検出
デジタルレーザ透明体センサDR-Qで透明容器の重なりを検出します。
通常は高さの違いで検出しますが、高さにあまり違いがない場合やバタツキのあるラインでは、高さでの判別は困難です。
DR-Qなら容器の重なり「有」と「無」のわずかな受光量の差で判別可能。今まで難しかった透明体の判別を実現しています。
使用製品デジタルレーザ透明体センサDR-Qシリーズ
ロボットピッキングにおける密着した化粧箱の隙間検知
従来、ロボットピッキングを行う際は、トリガーセンサがON/OFFできるようコンベア上で化粧箱どうしの間に隙間を作っていました。そのためロボットの稼働域が広くなり、作業効率を落とす原因になっていました。
DeltaPacなら化粧箱どうしが密着していても個々に検出できるため、効率的なロボットの運用が可能になります。
使用製品ギャップ検出センサDeltaPacシリーズ
包装フィルムの有無
光沢判別センサOPR20Gで、個装箱の包装フィルムの有無を検出します。
OPR20Gなら箱の色や柄の影響を受けずに光沢の有無だけで動作するので、透明な包装フィルムの有無を確実に検出することが可能です。
使用製品光沢判別センサOPR20G
隙間なく搬送される箱を個々に検出
ギャップ検出センサDeltaPacで、隙間なく搬送される箱を1箱ごとに検出します。
DeltaPacなら箱と箱が密着していても、箱のエッジで検出できるので1箱ごとに出力することが可能。独自の光学系と検出アルゴリズムにより、今まで検出できなかった"ギャップ"の安定検出を実現しました。
使用製品ギャップ検出センサDeltaPac
チューブのレジマーク検出
チューブ充填機でレジマークを検出し、位置決めを行います。
RGBの3色を投光光源に採用したDM-18TNなら常に最適な色の光源で検出するので、あらゆる下地とマークの色を検出可能。もちろんマークに合わせてボタンを押すだけでの簡単ティーチングですので、だれでも短時間で設定することが可能です。
使用製品カラーマークセンサDM-18TN
包装レジマークの検出
ティーチィングすると光源をR・G・B、3色から自動選択するので、あらゆる色のレジマークに対応できます。
使用製品カラーマークセンサDM-18TN
包装フィルムの噛み込み検出
赤外光でフィルムを透過し、中身の位置を確実に検出することで、包装フィルムの噛み込みを防止します。
使用製品アンプ内蔵センサJT-H1000N
ピロー包装機での到着確認
受光素子にリニアイメージセンサを採用しているので、チョコの凹凸や色で誤動作せずに安定して検出します。
使用製品C-MOSレーザセンサBGS-DL10TCN
透明フィルム蛇行検出
フィルムの両端に設置し、スポット光がギリギリフィルムにかからないように取り付けます。わずかな受光量の変化も検出できるので安定した蛇行検出が可能です。
使用製品デジタルアンプ分離レーザセンサDSR-800
透明フィルムのエンド検出
拡散反射型の10倍以上の検出エリアを持つ広角反射型で、透明フィルムのエンド検出をします。検出エリアが広いので、反射ミラーを使用しなくてもフィルムのシワやバタツキの影響をほとんど受けない検出が可能です。
使用製品広角反射型センサZ3D-W20N
袋の先端検出(三方シール)
スクリーンファイバユニットNF-TS40で袋のシール部先端を検出します。
NF-TS40は40mm幅の近並行光で検出できるので、袋の先端の高さや形状がまちまちでも安定して検出することが可能です。
使用製品ファイバセンサNF-TS40
台紙上のラベル検出
コの字センサWFシリーズで台紙上のラベルを検出します。
感度調整は、ラベル上で1回、ラベルなしで1回ティーチングするだけの簡単設定。また微調整も可能なマニュアルボタンも装備しております。
ラインナップも長さで3種、溝幅で7種、計21機種からアプリケーションに最適な型式を選ぶことが可能です。
使用製品アンプ内蔵センサ コの字透過タイプWF
袋の二枚重なり検出
デジタルレーザ透明体検出センサDR-Q150TNで、透明袋の2枚重なりを判別します。
充填前の袋をアームで持ち上げる際、誤って2枚ピックアップしてしまうと1枚は空のまま次工程に流れてしまいますが、高精度透明体検出センサのDR-Qなら袋の2枚重なりを正確に判別することが可能。検査工程をシンプルに構築できるだけでなく、不良品の流出を未然に防ぐことが可能です。
使用製品透明体検出センサ デジタルレーザタイプDR-Q150TN
帯掛けフィルム検出
帯掛けフィルムをレーザ透明体検出センサDR-Qで検出します。
DR-Qシリーズはデジタルレーザ式なので、透明度が高い薄いフィルムでも安定検出が可能。また最大4mの長距離検出も可能です。
使用製品デジタルレーザ透明体センサDR-Q
フィルム蛇行検出
スクリーンファイバユニットNF-TS40でフィルムの蛇行を制御します。
NF-TS40なら幅40mmのスクリーン状の光で蛇行を検出することが可能。またアンプにアナログ出力内蔵のD2RF-TANを使用すれば、蛇行幅に応じたアナログ値を出力できるので、蛇行を簡単に制御することが可能です。
使用製品ファイバユニットNF-TS40