他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 技術情報 > 光電センサ工程改善集 > 光電センサ工程改善集-電機業界

電機業界

スプレーノズルの噴霧確認
水検出ファイバセンサD3IF-TNで霧状のフラックスやコーティング剤が噴霧されているかどうかを検出します。
D3IFは水に吸収される1.45μmの赤外光を投光光源に採用しているので、検出対象が霧状の液体でも赤色光のファイバセンサに比べ安定した検出が可能です。
使用製品水検出ファイバセンサD3IF-TN+NF-TW01
穴あき基板の検出
光電センサMultiLineで穴あき基板の通過を検出します。
独自の光学系により距離120mmにて5×50mmのライン状の光を2本投光するので、基板の穴の影響を受けない検出をすることが可能です。
使用製品穴あきワーク検出センサMultiLine
アルミフレームの歪み検査
BGS-HL05Tでアルミフレームの歪みをON/OFFでを検出します。
最小検出段差が0.08mmmなのでフレームのわずかな歪みを検出可能です。またBGS-HL05Tの高信頼性エンジン"Tri-CORE"はワークの反射率に合わせてシャッター時間を自動で切り換えて検出するので、アルミフレームのように光沢が強いワークにおいても安定検出を実現しています。
使用製品高精度C-MOSレーザセンサBGS-HL05T
セル生産でのワーク着座確認
長距離レーザBGSセンサTOF-Lを使用して、組立セルでワークが正しく着座しているかどうかの確認を行います。
最大4.5mの長距離検出が可能なTOF-Lなら、センサを作業者の頭上に設置してもワークの着座を確認可能。作業の邪魔にならない場所から検出することにより組立時間を短縮でき、効率よく生産することが可能です。
使用製品長距離レーザBGSセンサTOF-L
多品種基板の検出
基板のピックアップタイミングを検出するために、スクリーンファイバのNF-TZ08を使用して検出します。
基板には、薄いもの、小さいもの、穴あきのもの等、さまざまな種類があるので、反射型では誤動作してしまいます。32mm幅のスクリーン光で検出する透過型のNF-TZ08を傾けて取り付ければ、基板の厚さやサイズ、形状、穴の影響を受けずに検出することが可能。基板の種類が多岐にわたっても、同一のタイミングで検出することが可能です。
使用製品スクリーン/アレイタイプNF-TZ08
ビューポート越しのガラス基板検出
真空チャンバー内のガラス基板有無を検出します。
反射シートをチャンバー内に設置すれば、レーザ透明体センサDR-Q150TNでビューポート越しに検出が可能。長距離レーザ変位センサを使用しなくても、ローコストで安定した検出を実現しました。
使用製品デジタルレーザ透明体センサDR-Q150TN
パレット上の基板ズレ検出
C-MOSレーザセンサBGS-HL25T2で、基板がパレットに正しく収まってるかを検出します。
基板がズレるとパレットの端に乗り上げ、斜めになるので高さの違いで検出します。BGS-HL25T2なら距離150mmでも0.8mmの段差判別が可能。基板の光沢や色変化にも強いので、安定した検出が可能です。
使用製品高精度C-MOSレーザセンサBGS-HL25T2
プリント基板の検出
様々な色のプリント基板を色変化に強いBGSセンサで検出します。
使用製品BGSセンサBGS-Z10N
コネクタピンの検出
スリーブサイドビューのNF-TV02は、先端がφ1mmと細いので狭い個所での検出に最適。入り組んだ個所での検出を可能にします。
使用製品スリーブ(サイドビュー)NF-TV02
ロボットアームへの取付
耐屈曲タイプのNF-DR01でロボットアームの先のワークを検出します。R4mmで耐屈曲性に優れているので、可動部への取付に最適です。
使用製品耐屈曲NF-DR01
乾燥炉の基板到着確認
コーティング後の基板を吊り下げて乾燥させる工程で、その到着確認をBGS-Z10Nで検出します。
BGS-Z10Nは距離設定型なので基板の色の違いに強く、また基板に対して斜めに光を当てた状態でも安定した検出をすることが可能です。
使用製品レーザ,標準BGSセンサBGS-Z10N
穴あき基板の検出
基板検出センサWTB4-3N1371で穴あき基板の通過検出をします。
このセンサはLED光源にもかかわらず5×28mmのライン状の光を投光するので、基板の穴の影響を受けない安定した検出をすることが可能です。
使用製品基板検出専用センサWTB4
基板の検出
基板検出センサWTV4でコンベア上を流れてくる様々の色の基板を検出します。
WTV4は業界唯一の限定反射+BGS機能の原理で動作する反射がセンサ。厳密に限定された光路設計により背景物体を検出せず、基板の色が多様でも安定して検出できる専用設計のオンリーワンセンサです。
使用製品基板検出センサWTV4
基板のポジショニング
エッジ測定センサのAT20Eで基板のポジショニングを行います。
測定エリア20mmタイプなら繰返精度0.03mmでのポジショニングが可能。ティーチング等の設定は一切不要なので、センサを取り付けるだけで高精度ポジショニングを行うことが可能です。
使用製品エッジ検出タイプAT20E
CDやDVDの検出
WTV4-3N1341でCDやDVDの検出を行います。
距離設定型と限定反射型の原理を組み合わせたこのセンサなら、その相乗効果で光を正反射してしまうディスクでも安定した検出を行うことが可能です。
使用製品距離設定+限定反射型センサWTV4