他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 技術情報 > 光電センサ工程改善集 > 光電センサ工程改善集-方向・表裏判別

方向・表裏判別

シャフトの方向・モータの浮き検出
アクチュエータのシャフトの方向判別とモータ取付け時の浮きの検査をBGS-HDLシリーズで行います。
BGS-HDLシリーズは制御出力を2系統装備しているので、シャフトの方向判別を出力1で、モータの浮き(つばの有無)を出力2で、個別に検出することが可能。これまでセンサが2台必要だったアプリケーションにも1台で対応することができます。
使用製品高精度C-MOSレーザセンサBGS-HDLシリーズ
カップのカウントと表裏判別
容器のカウントとその表裏判別をC-MOSレーザセンサBGS-HDLで検出します。
BGS-HDLは制御出力を2系統装備しているので、出力1を容器の通過カウントに、出力2を表裏判別として設定すれば同期センサなしでカウントと表裏の同時検出が可能。今までセンサが2台必要だったアプリケーションにも1台で対応することができます。
使用製品高精度C-MOSレーザセンサBGS-HDLシリーズ
箱の表裏判別
製函後、製品を入れる前にその表裏を距離設定型センサBGS-Z10Nで検出します。
受光量ではなく距離で検出するBGS-Z10なら、底面に文字や色柄・傾き・光沢があっても安定した検出が可能です。
使用製品標準BGSタイプBGS-Z10N
黒ゴム部品の表裏判別
BGS-HLで黒ゴム部品の表裏を判別します。
ハイエンド変位センサと同じ高信頼性エンジン"Tri-CORE"を搭載しているので斜めに傾いた黒ゴムでも検出可能。色・光沢・材質の影響に強い検出を実現しています。
使用製品高精度C-MOSレーザセンサBGS-HL
ガラスの表裏判別
限定反射ファイバユニットNF-DC38でガラスの表裏を判別します。
透明なガラスでも、限定反射型のNF-DC38ならノッチの有無を確実に検出できるので、安定した表裏判別が可能です。
使用製品ファイバセンサNF-DC38+D3RF
キャップの表裏判別
限定反射型のNF-DC09を使用すれば、キャップの表裏判別が行えます。距離を限定して検出するので、底面のパッキンの色変化に強い検出が可能です。
使用製品限定反射NF-DC09
個包装されたお菓子の方向判別
C-MOSレーザセンサBGS-DLで個包装されたお菓子の方向を判別します。
通常の反射型のセンサではアルミ蒸着フィルムの色やシワの影響で正しく検出できませんが、受光素子にC-MOSを搭載したBGS-DLなら安定検出が可能。無駄バネを防止し、生産ラインの効率向上が可能です。
使用製品BGSセンサ(距離設定型) C-MOSレーザタイプBGS-DL
シリンジ用トレイの方向判別
C-MOSレーザセンサBGS-DL10TNでシリンジを載せるトレイの方向を判別します。
スポット径は最小φ1mmですので溝が細くてもその底面を検出可能。トレイの方向を正確に判別し、シリンジを確実に搬送することが可能です。
使用製品C-MOSレーザセンサBGS-DL