他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 展示会レポート
展示会名
FOOMA JAPAN 2014 国際食品工業展
日  時
2014年6月10日(火)〜13日(金)
会  場
東京ビッグサイト

当社は、FOOMA JAPAN2014において「印字検査のオプテックス・エフエー」をテーマに、賞味・消費期限の印字をチェックする印字検査機を出展しました。
FOOMA会場では印字検査を目視で行っていらっしゃる企業様も多く、印字検査機導入の障壁となっている「高額そう」「設定や操作が難しそう」といったイメージを覆す、低価格・かんたん操作の印字検査機をご紹介しました。また、食品の割れ・欠けなどの外観欠陥を検査する3D画像検査装置も出展しました。

印字検査


ベルトコンベア上の段ボールの印字を印字検査機MVS-OCR2で検査するデモンストレーションを実施し、印字間違えや文字の欠け、ドット1列抜けなどに対し、NG判別を行う様子をご覧いただきました。
先入れ・先出しのルールにより個包装だけでなく段ボール印字にも品質や正確性を求められるお客様が増加しており、検査可能な印字サイズや、検査速度についてなど、たくさんのご質問をいただきました。

印字検査サイト プレゼンテーション動画

印字検査体験コーナー


サーマルプリンタやホットプリンタ、インクジェットプリンタなどの印字サンプルをご用意し、印字検査機MVS-OCR2のオートティーチをご説明しました。
お客様にも実際にタッチパネルを触っていただき、印字検査機のかんたん設定をご実感いただきました。

MVS-OCR-Rシリーズ詳細

トレーサビリティコーナー


オールインワンタイプの印字検査機「CVS4-R」と日立造船(株)様製「食レコ」を接続し、NG画面の全数保存をご提案しました。
印字検査をご紹介する中で、「記録を取りたい・画面を残したい」という声が多く、装置組込にも最適なコンパクトな印字検査機と記録装置とのセットをご提案しました。

CVS4-R プレゼンテーション動画

出展社プレゼンテーションセミナー


最終日の13日には「賞味期限誤表記によるリコールの現状と対策」セミナーを会議棟で実施。
特に、セミナー中のMVS-OCR2の操作デモンストレーションでは、プロジェクターで映し出した表示画面で、文字の欠けや印字違い、傾斜文字のNG判別をご覧いただきました。
セミナー後の質疑応答では、検査速度など、具体的なご質問もいただきました。

お問い合わせ ※セミナー資料をご希望の方はその旨ご記入の上お問い合わせください。

3D食品検査
食品外観検査装置3D-Eye5000シリーズ


3D画像検査装置3D-Eye5000 でクリームをサンドしたクッキーの割れ・欠け検査のデモンストレーションを実施しました。
柔らかい食品を扱うメーカー様など、食品の潰れに対する検査のご相談を多くいただきました。また、3D-Eye5000シリーズは体積計測が可能なため、食品を定貫カットする工程での、体積計測に対するご質問もいただきました。

btn_3d_eye5000 プレゼンテーション動画

ローコスト3D画像検査装置3D-Eye30シリーズ


ローコスト3D画像検査装置3D-Eye30シリーズで、箱詰めされたチョコレートの在席確認のデモンストレーションを行いました。
右上の写真では、チョコレートの2個抜けに対しNGと判別しています、筐体の小ささと、低コストに驚かれる方が多くいらっしゃいました。

3D-Eye30シリーズ プレゼンテーション動画