他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 製品情報 > 光電センサ > ファイバアンプ > UC1-EP > 特徴

EtherNet/IP対応通信ユニット
UC1-EP

ネットワークでセンサを管理・制御

  • EtherNet/IPに対応
  • ファイバセンサ・変位センサを混在させて接続可能
  • 省配線・省スペースを実現
  1. EtherNet/IP
EtherNet/IP対応通信ユニット UC1-EP

UC1シリーズなら、各種センサを様々なネットワークに接続可能

ネットワーク上で管理でき、作業効率が大幅にアップ

各種センサをネットワーク上で管理できるため今まで手作業で行っていた、
「センサの遠隔操作」「受光量や測定値のモニタリング」「設定値のバックアップ」などの作業を簡単に行うことが可能。
時間や手間のかかる作業の削減、トレーサビリティやメンテナンス性の向上、装置の遠隔監視を実現しています。

ファイバセンサと変位センサを混在させた接続が可能

UC1シリーズにはファイバセンサD3RF/D3WFシリーズが連結可能。
また変位センサアンプユニットCDAシリーズを使用すれば、変位センサCD22や透過型エッジセンサTD1を接続可能。
複数種のセンサを混在して接続できます。


閲覧履歴

ログインするとご使用いただけます。

こちらのシリーズもおすすめです