他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 製品情報 > 光電センサ > ファイバアンプ > UC1-CL11 > UC1シリーズとは

CC-Link対応通信ユニット
UC1-CL11

ネットワークでセンサを管理・制御

  • 三菱電機iQSSに対応
  • ファイバセンサ・変位センサの遠隔操作が可能
  • 省配線・省スペースを実現
  1. CC-Link iQSS
CC-Link対応通信ユニット UC1-CL11

 特徴説明ムービー

movie

作業性を大幅に向上させる通信ユニット誕生!

ファイバセンサD3RFシリーズやレーザ変位センサCD22シリーズをCC-Linkネットワークに接続できる通信ユニットUC1-CL11。
センサをネットワーク上で管理できるので、今まで手作業で行っていた受光量や測定値のモニタ、センサの遠隔操作、設定値のバックアップを簡単に行うことが可能になりました。
※CD22シリーズには、変位センサアンプユニットCDAシリーズが必要です。

UC1-CL11

生産現場のさまざまな課題をネットワーク化により解決します。

三菱電機の iQ Sensor Solution( iQSS )に対応

センサとシーケンサ・表示器・エンジニアリング環境の連携

三菱電機GX Works2でCC-Linkネットワーク上のセンサの操作が可能です。
それぞれが接続し連携し合うことで、一括した管理が可能となり、作業性のアップが見込めます。

接続例

iQSSなら、こんなことが簡単にできます。

接続されているセンサの機種情報や接続台数を自動検出
センサの受光量や測定値のモニタが可能
センサ設定値の読出しや書込み
センサ設定値のバックアップ/リストア
機種情報や接続台数を自動検出 クリックしたセンサの設定値の:●読出しや書込み ●状態のモニタ●バックアップやリストア等が可能です

閲覧履歴

ログインするとご使用いただけます。

こちらのシリーズもおすすめです