他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 技術情報 > センシングLED照明 > センシングLED照明 センシングLED照明とコントローラの役割
センシングLED照明
センシングLED照明とコントローラの役割
センシングLED照明は、センシング機能を有する照明と、
モニタリング・フィードバック機能を有するコントローラの連携により、
明るさの自動管理が可能になります。
センシングLED照明システム
センシング
照明内部のフォトダイオードで輝度を測定します。
連続点灯時だけでなく、点滅頻度の少ない状況でも正確に測定します。
また、輝度だけでなく内部温度も測定しています。
モニタリング
照明のセンシング部からの測定値をパネルに表示します。
照度計や温度計が無くても、数値(相対値)にて輝度と温度を把握できます。
また、LEDの長寿命化のために、これまで見えなかった温度を参照することで、使用制限の目安となります。
フィードバック
照明から通信で送られた輝度の測定値をもとに、フィードバック制御を行います。
フィードバック制御では、照明に記録された基準輝度と実際の測定値を比較し、基準輝度と一致するように電圧調整を行います。
  • TOP
  • LED照明の課題
  • センシングLED照明とコントローラの役割
  • センシングLED照明ラインナップ
  • より知りたい方はこちら >> FALUX sensing技術レポートvol.01