他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 技術情報 > センシングLED照明 > センシングLED照明 LED照明の課題
センシングLED照明
LED照明の課題
従来のLED照明には、明るさ管理に対する3つの課題がありました。
LED個々の明るさのバラつき
課題①
LED個々の明るさの
バラつき
LEDの素子それぞれの順電圧にバラつきがあります。それが電流値に影響し、LED個々の明るさにもバラつきが生じていました。
センシングLED照明では
入力電圧依存型定電流回路を導入
個々のLEDに一定の電流が流れるように制御するFALUX(ファルクス)の入力電圧依存型定電流回路を導入し、明るさのバラつきを解消しました。
FALUX
自己発熱による明るさの変動
課題②
自己発熱による
明るさの変動
LED照明は点灯時に自己発熱し、温度が上昇します。内部温度が上昇すると、輝度が低下してしまいます。
センシングLED照明では
温度補償回路を導入
照明の内部温度の変化に合わせて、電流値の調整を行うFALUX(ファルクス)の温度補償回路の導入により、輝度を補正し一定の明るさを保ちます。
FALUX
自己発熱による明るさの変動
課題③
明るさの長期的な
変動に対する管理
LED照明は、4万時間点灯すると光度が50%程度低下するといわれており、長期間の使用に伴う明るさの変動が大きな課題となっていました。
センシングLED照明では
モニタリング・フィードバック制御が可能
照明内蔵のセンサで測定した輝度をモニタ表示し、その情報をもとに電圧調整を行うFALUXsensing(ファルクスセンシング)のモニタリング・フィードバック制御により、4万時間もの間初期の明るさを維持します。
FALUX SENSING
  • TOP
  • LED照明の課題
  • センシングLED照明とコントローラの役割
  • センシングLED照明ラインナップ
  • より知りたい方はこちら >> FALUX sensing技術レポートvol.01