他社型式・コード・サイト内で検索:メニューを開く

文字の大きさ
フリーダイヤル:0800-170-1003
メールでのお問い合わせ

他社型式で検索 で検索

他社型式に該当する当社型式を検索

クイックコード検索 で検索

カタログ4ケタコードを入力してください。

サイト内検索

メニューを閉じる

HOME > 技術情報 > 変位センサ工程改善集 > 変位センサ工程改善集-窓ガラスを通して高温炉内物体の測定
窓ガラスを通して高温炉内物体の測定
高温で白熱状態にある物体の寸法を、レーザマイクロゲージLMGシリーズで測定します。
1000℃を越える高温物体の高精度寸法測定は接触式では不可能に近く、またレーザを使用した測定器でも高温になるにつれて強力になる測定物体からの自発光が受光部に入射するので測定が困難です。
LMGシリーズでは高温物体測定用レーザマイクロゲージをラインナップしているので、最高約2400℃までの高温ワークの測定が可能。従来では測定が難しかったセラミックや金属等の材料の高温熱膨張、熱変形の測定にご使用いただけます。
使用製品レーザマイクロゲージLMGシリーズ