第3回 ものづくりに関わる製造・開発設計・物流・営業など「現場」にまつわるエピソードを五・七・五で詠う 第二回 現場川柳 選考結果発表!
オプテックス・エフエーでは「センサ(1003)の日」を記念し、
ものづくりに関わる“現場”にまつわる川柳を募集する「現場川柳」企画を行っています。
2016年に募集した「第3回 現場川柳」では、7,187作品のご応募をいただきました。
ご応募いただいた皆様、誠にありがとうございました。
特別選考委員に元エンジニア漫画家の見ル野栄司氏を迎え、
社内選考委員とともに厳正なる選考を行った結果、15作品が受賞となりました。
■特別選考委員 見ル野 栄司 (みるの えいじ)氏

漫画家。日本工学院専門学校メカトロニクス科卒業。
半導体製造装置などの設計開発の会社に10年勤務した後に、漫画家としてデビュー。
ベストセラーの著作に、理工系ものづくりの人々の姿を描いたコミックエッセイ「シブすぎ技術に男泣き!」(中経出版)など。
現在、週刊プレイボーイにて「秘密組織プレイメーソン」、リクルートCodeIQにて「AIフィクション」、漫画オンウェブにて「1勝22敗1分け」、デバイスプラスにて「ミルノメーカー」、ファブクロスにて「ミルノラボ」など好評連載中。

【大賞】デジタル化 遅れた社内は 紙ってる (キング・コングゥ?さん)

2016年の流行語大賞「神ってる」がまさか「紙ってる」になるとは..!
まだまだ「紙ってる」企業は多いと思います。
でも現場の課題もこんな風に楽観的になると、焦らずしっかりと向き合えるのかもしれませんね!
大賞、おめでとうございます!

【優秀賞】AIは 無いが我が社にゃ 愛がある(だっちっちさん)

注目の技術をどう現場に取り入れるかを検討される企業も多いと思いますが、
「AI」(人工知能)と対比することで現場での団結力や意思疎通の大切さを再認識させてくれる、
あたたかい作品です!

【優秀賞】妻怒る 故障の製品 我が社製(湯快爺さん)

一番身近な家族だからこそ、率直に厳しく言われてしまうのかもしれませんね!
「一生懸命作ったのに..」と凹む姿を想像してしまいました。現場川柳ならではの作品だと思います。

【優秀賞】宇宙行く 部品へそっと 指紋付け(笑司さん)

宇宙に行く部品の製造に携われる喜びを感じられる、ロマンのある作品です。
「そっと指紋を付ける」その控えめな感じに共感しました!

【見ル野賞】定年後 再雇用され テクノロ爺(さごじょうさん)

最近増えてきている職人の再雇用を詠った作品で、再雇用を推進する私のツボに入りました(見ル野)。
日本の技術を支えているのは、まさしくこういった方々だと思います!
見ル野賞、おめでとうございます!



入賞 【入賞】長男の 出来の悪さは 初期不良(てぬきうどんさん) 【入賞】日本製   汗して造る   外国人(夜明け前さん) 【入賞】赤ボタン 1度は押して みたくなる(しげぽん118さん) 【入賞】見学の 子供の指摘が ドリル並み(coni さん) 【入賞】合わぬなら 合うまで測ろう 別ノギス(松庵さん) 【入賞】この俺を センサーだけは 無視しない(さごじょうさん) 【入賞】騒音で パントマイムが 上手くなる(さんじろうさん) 【入賞】検査機の 電源忘れて 不良ゼロ(土日静寂さん) 【入賞】なぜ残る 迷子の部品 君の名は(ひだまりんさん) 【入賞】鉄分は  現場で取れと  妻が言う(じゃずさん)
パンフレットダウンロード
オプテックス・エフエーサイト トップページへ
現場川柳 トップページへ

応募作品の著作権はオプテックス・エフエー(株)に帰属します。またこのサイトに掲載のイラスト、文章の無断転載を禁じます。